ズバリ!「さくらのブログ」はSEOに強いのか?

(階層カテゴリ:お小遣いブロガーQA/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 16/11/18   更新日 18/04/10
 
 
  「さくらのブログ」を利用しているみなさん、はたして「さくらのブログ」はSEOに強いのだろうかと疑問に思ったことはありませんか? そこで今回は、「さくらのブログ」のSEOについて考えてみます。
 

対象者

この記事の対象者は以下の人を対象とします。

・「さくらのブログ」を利用していてSEOが気になる人

・SEOが気になり「さくらのブログ」からワードプレス(WordPress)に切り替えようかと悩んでいる人

 -PR-

さくらのブログとは

 一応、おさらいで「さくらのブログ」について簡単に説明しておきます。

「さくらのブログ」とはさくらサーバー(レンタルサーバー)をレンタル契約すると無料で使えるブログサービスのことです。

「さくらのブログ」はSeeSaaと提携していて管理画面やテンプレートなどは、ほとんどSeeSaaと一緒です。簡単ですが「さくらのブログ」はそんな感じです。

さくらのブログのSEOが気になったきっかけ

 無料ブログから有料サーバーの「さくらサーバー」に切り替えました。そのとき特典としてついていたのが「さくらのブログ」。

そこで「さくらのブログ」で約2年、ブログを書き続けてきました。

初めのうちは記事数も少なく、実績もとぼしいのでアクセス数よりも、ブログ記事を増やすことに力を入れていました。

そして「さくらのブログ」で、ブログを約2年書き続け200~300記事くらいになりました。ある程度、ブログ記事が増えてきたので今度はSEOが気になるようになりました。

一般的なSEOの評判

 ネット上でSEOについて調べてみると、ワードプレスがSEOに強いとの評判で評価が高いです。

また、google自体もブログをするならワードプレスがよいと推奨しています。一般的にはワードプレスがSEOに強くよいとされています。

スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料込】はじめてのスープストックトーキョーセット
価格:2500円(税込、送料無料) (2016/11/19時点)

 

本題の「さくらのブログ」はSEOに強いのか?

 さて、「さくらのブログ」を利用している私。はたして「さくらのブログ」はSEOに強いのか気になりました。

そこでネットで色々と検索してみました!

それによると「さくらのブログ」のSEOはそれなりに強いみたいです。参考記事は以下をどうぞ。

→ さくらブログの特徴・メリット 広告が少ないブログ
→ さくらのブログについての詳細(特徴・機能・スペックなど)

これらによるとワードプレスまでよいとは言えないにしても、それなりにSEOは強いとのことでした。

要因は有料ブログなのでスパム的な利用が少ない、検索エンジンからのドメイン評価が高いなどとなっていました。

(自分の場合、ドメインは固有にしてあるので、関係ないと思うけど)。

総合的にみても「さくらのブログ」は結構SEOが強いみたいです。

自分の実感

 自分の実感としても「さくらのブログ」のSEOはそんなに弱くはない、そこそこSEOは強いように感じます。

確かに自分のブログも2,3語、目的のキーワードを入れ検索すると、1ページ目に表示されることがあります。

そこからも「さくらのブログ」のSEOはまあまあ強いと個人的には感じます。

SEOに強いソフト順位

 今回、SEOに強いソフト関連をせっかく調べたので、この際まとめておきます。私が調べたところではこんな感じです。(あくまで個人的な評価です)

1位 賢威
2位 ワードプレス
3位 さくらのブログ
4位 いろいろ
5位 無料ブログ
6位 ホームページビルダー

以下に私なりの説明をします。

◆1位 賢威

 ネットでSEOを調べていると、よく見かける言葉です。いつも評判がよいブログ作成ソフトです。

私が気に入ったのは、多分、ソースコードがきれいなのだろうという事と、サポートが充実していそうなところです。また操作も簡単そうです。

購入はしていませんが3万円の価値はあると考えます。このソフトを作られた方は、ネットやブログに精通している方だそうで信頼できそうです。悪い評判もあまり聞きません。

本物だと思います。SEOに強いと評判です。(あくまでネットを見た中での個人評価です)

◆2位 ワードプレス

 googleも推奨しているワードプレス。SEOを考えるならスタンダードといえます。普通の人ならこれでブログをするのがSEOも強く一番だと考えます。

お金もそんなにかからないみたいですし。

でも少し気になるのが、オープンソースのためサポートが不十分、テンプレートが充実していない、かゆいところに手が届きにくいと言ったことをちらほら聞きます。

◆3位 さくらのブログ

 SEO的には、ワードプレスよりちょっとだけ下かなという印象です。でも問題なくSEOは強いと感じます。

このブログツールの魅力は、SeeSaaをやったことがある人なら、すんなり入れるところです。(別に無料ブログでもいいけど)。

さくらサーバーとレンタル契約をすれば、すぐブログツールが使えるのも魅力です。

◆4位 いろいろ

 2位のワードプレスから5位の無料ブログまで、SEOの強さは実際にいろいろなソフトがあると思います。今回は勝手に3位を「さくらのブログ」としました。

ここは幅があるので割愛します。

◆5位 無料ブログ

 ブログ初心者が始めるには、無料ブログが一番です。そこでSEOに関係なく5位としました。ブログ初心者にとって、無料ブログはそこそこのSEOの強さがあります。

◆6位 ホームページビルダー

 昔、試しに使ったことがあります。ソースは汚いです。ソースが汚いのでSEOに弱くgoogleからも評価が低いと考えます。

このソフトを使ってブログをするなら無料ブログを使ったほうがよいと考えます。

スポンサーリンク

 

私が考えるSEOに強いものとは

 私は元IT技術者でした。そこから感じるSEOに強いものとは、ソースコードが構造化され綺麗なもの、可読性のよいものはSEOに強く、googleに好まれやすいと感じました。

逆にソースコードが汚いものはSEOに弱いと感じました。

私も職業柄、いろいろなプログラムのソースを見てきましたが、構造化がされてなく、ソースが汚く、スパゲティーソースは嫌気がさしました。

多分、汚いソースはクローラーに嫌われるのだと思います。当たり前といえば当たり前ですけど。

今回調べて分かったこと

今回、「さくらのブログ」はそれなりにSEOが強いのが分かりました。多分「さくらのブログ」は、ソースが構造化されていて綺麗なのだと思います。

あとレンタルサーバー会社も信頼されているのだと思います。URL上の話ですが。そんなところで「さくらのブログ」はSEOが結構強いのだと感じます。

今の判断と今後

 見て分かるとおり、このブログサイトは「さくらのブログ」で作成しています。(2016年11月時点での話です)

SEOを強くするなら、「さくらのブログ」から賢威やワードプレスに変更したほうがよいのかなと悩んでいました。

そこでネット上で「さくらのブログ」のSEOについて調べてみました。調べた結果、「さくらのブログ」はそこそこSEOに強いのが判明しました。

アクセス数が伸びないのはSEOが悪いのではなく、コンテンツがまだ弱いと判断しました。自分の悩みは解決したので、当分はこのままでいようと考えています。

お金と時間に余裕ができたら、賢威やワードプレスにしてもよいかなと考えています。でも面倒くさがり屋なので、まずやらないと思うけど…

(2016年11月時点での記述)

現在の状態

 やはり「さくらのブログ」はテンプレート式のブログということもあり、いつも使い続けていて何かと、不便と不満を感じていました。

そして「さくらのブログ」で限界を感じていました。維持費は毎月100円程度と安いのですがね。そしてとうとう2年使い続けた「さくらのブログ」を卒業することを決意しました。

ワードプレスに一新、引越ししました。

 ワードプレスの感想としては、始めは慣れる事に苦労しましたが、慣れてしまうとテンプレート式のブログより機能が多彩だし、便利、使いやすいなどの何かと利便性を感じました。

今ではワードプレスに引越してストレスがなくなり、ブログ記事を書くことに集中できるので、ワードプレスに引越して本当によかったと思っています。

私個人の意見では、Xサーバーがブロガーの間では評判がよく人気があります。自分はそれに従いXサーバーに引越し、そこでワードプレスをするようになりました。

これはネット上でも一般的によいとされるケースなのでオススメします。SEOからすれば、「さくらのブログ」でもそんなに悪いとは思いません。

ただブロガーのユーザー利便性から考えるとワードプレスにしたほうがよいと思います。

一つ上を目指すなら「さくらのブログ」を卒業してワードプレスに引越したほうがよいと思います。これが僕の初中級者ブロガーとしての意見です。

(2018年01月 追記)

まとめ

「さくらのブログ」のSEOが気になりネット上で情報を集めてみました。意外や意外、「さくらのブログ」はSEOに強いのが分かりました。

私のように「さくらのブログ」のSEOが気になる方に、この記事が参考になればと思います。
 

 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 
おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク