iPhoneの初期化 (ほぼ新規購入状態に戻す方法)

(階層カテゴリ:iPhone/初期化)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/01/04   更新日 17/06/01
 
 

 
 iPhoneのトラブルや不具合により、たまに自分でiPhoneの初期化をやらなければいけないときがあります。パソコンの基礎知識がある人なら自分でiPhoneの初期化をすることは可能です。そこで今回は、iPhoneの初期化手順についてご説明します。
(進化に伴い初期化の方法も変わってきます。この記事は2017年01月に書いたものでios10以降の初期化手順とします)

注意事項

 たぶんios10以降から、2ファクタ承認のコード入力が求められるようになりました。なので、2ファクタ承認も含めた初期化手順について説明します。

この記事の対象者

この記事は以下の人を対象とします。

・パソコンの基礎知識がある人
・ios10以降の初期化手順について知りたい人
・新しいiPhoneとして初期化設定したい人

事前準備/注意

 iPhoneの初期化時に、2ファクタ承認のコード(6桁)の書きとめが必要です。なので事前に紙とペンを用意しておいてください。
 

初期化手順

ここから、iPhoneの初期化手順(ほぼ新規購入状態に戻す方法)についてご説明します。

(1) iPhoneの設定をタップする
 

(2) 「設定」 → 「一般」 → 「リセット」の順でタップする
 

(3) 「すべてのコンテンツと設定を削除」をタップする
 

(4) パスコード(6ケタ)、機能制限パスコード(4ケタ)を入力する
 

(5) 「iPhoneを削除」をタップする
 

(6) 初期化が始まる
(ここからガイダンスに従い選択してください。これ以降はポイントのみ説明します)
 

(7) 「Appとデータ」画面では「新しいiPhoneとして設定」を選びタップする
 

(8) ios10以降、2ファクタ承認のコード入力が求められここが、ポイントです。詳しく説明します。

(8-1) 2ファクタ承認のコード入力画面に進むと、自動的にiPhoneに電話がかかってくるので、電話に出てください。
 

(8-2) 電話に出ると英語でガイダンスが始まります。英語で6桁のコードを言うのでそれを紙に書きとめてください。
(もし聞き取れなかったときは、一つ前の画面に戻り、また2ファクタ承認の画面に進んでください。そうすればまた電話がかかってきます。このやり方が一番安全だと思います)
(この電話は何回でもできるようです。自分は3回くらいしましたができました)

(8-3) 書きとめた2ファクタ承認の6桁のコードを入力する

(8-4) 問題がなければ次の画面に進む

(9) 「Apple ID」画面でパスワードを入力する
 

(10) iPhoneの初期化が終わり「ようこそ」画面が表示される。
 

(11) 「ようこそ」画面を進むと初期化されたホーム画面(新規購入状態)が表示される。
 

(12) これで初期化は完了です

itunesからのデータ復元

itunesからのデータ復元記事も書きました。続けてデータ復元したい方は以下を参照してください。

データ復元記事 → xxxx

2ステップの手順

 私はあえて、初期化と復元を分けて2ステップにしました。それは安全に復元するためです。

私個人としては、iPhoneの初期化とデータ復元は、分けたほうがよいと考えます。

おまけ/IMEIの確認方法

 もし初期化中にトラブルでAppleのカスタマーとやり取りをすることがあったとき、自分の識別としてIMEIが必要となります。

通常なら設定を開いてIMEIの確認ができるのですが、初期化中には設定を開くことができません。

そんなときは画面右下にある丸で書かれた「i」を押してください。IMEIが表示されます。

これ普段は使わない裏技だと思います。自分も知りませんでした。

カスタマーの方から教わりました。あまり使うことはない技です。

これ知らなくてもカスタマーに教えてもらえます。一応、iPhoneの知識として書きました。

 

まとめ

 ios10以降のiPhoneの初期化について手順をまとめました。参考にしてください。
 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク