i-Mobileのサイト審査が通らない!その意外な理由と確認方法

(階層カテゴリ:お小遣いブロガーQA/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/03/30   更新日 18/01/22
 
 
 先日、i-Mobileのサイト審査をしてNGになりました。自分としては社会一般的な記事を書いたつもりだけど、なぜNGなのという思いでした。そこで今回は、NGになったと思われる訳とサイトの確認方法について考えてみます。
 

前提条件

 この記事は、i-Mobileと忍者admaxの広告を使ったことがある人を主に対象とします。またクリック型の広告を対象とします。

そしてgoogleアドセンスは使いたくない人を対象とします。

 -PR-

注意

 ここで説明する広告枠の設定は「PC向け」です。広告枠設定は「PC向け」でお考えください。

今回のケース

 今回のケースは、東京の銭湯を紹介するサイトで審査NGになりました。実はこのサイト、旧サイトのテンプレート式から新サイトのワードプレス式に引越しました。

旧サイトでi-Mobileに審査してもらったときはOKでi-Mobileの広告を貼っていました。新サイトに引越したので新サイトでi-Mobileの審査をしたところNGになってしまいました。

内容的には旧サイトも新サイトも変わりはありません。なぜ新サイトになったら審査がNGになってしまったのか訳が分かりませんでした。

何度やっても審査NG

 新サイトでi-Mobileの審査をしたとき、初めの2,3回はインタネット上にサイト引越しのため新旧サイトの記事が重複していました。

なので重複記事のために審査NGなのかなと思っていました。

それから旧サイトを完全に削除してからまた、i-Mobileの審査を何回かしました。でも何度やっても審査NGでした。

こういうときは「理由はお答えできません」というのが一般的なので理由が分からず困りました。

■イメージ図 i-Mobileの審査NG

 

NGの理由が偶然わかった

 何度、i-Mobileの審査をしてもNGなのでi-Mobileの広告はあきらめました。

そこで、今度は忍者admaxの広告を貼ることにしました。忍者admaxは審査なしで広告を貼ることができます。

もちろん広告は「アダルト・出会い系」は表示しない設定にしました。広告を貼り様子をみてみました。

普段は一般的な広告がころころ変わって表示されるのに、このときは忍者admax入会の広告が表示され、広告表示が全然変わりませんでした。

なんかおかしいなと思いました。そこで忍者admaxの管理画面を確認してみました。広告枠一覧の新規追加した状態を確認してみたら、「掲載不可」になっていました。

今まで正常に表示される広告の状態を確認してみたら「配信中」になっていました。

「掲載不可」の意味が分からなかったのでネットで詳しく調べてみると『当サイトはアダルトサイトと認定しました。

広告を表示するには「アダルト・出会い系」は表示しないのチェックを外すか、サイト属性をアダルトにしてください』というようなことが書いてあり、そのような対応を取らなければいけないことが分かりました。

 なんで新サイトでアダルト系のことは全然書いた覚えはないのにと思いながら、もう一つ新規広告を作成して、また、新サイトに貼ってみました。

そしてまた忍者admaxの広告枠一覧の状態を見てみると今度の状態は「配信中(※)」になっていました。

■イメージ図 広告枠一覧の状態
 

 この一連の件で、理由は分かりませんが、自分の新サイトがアダルトサイトと認定されたことだけは分かりました。

たぶんですが、i-Mobileの審査も同様にアダルトと認定されていたと考えられます。この件で偶然にもi-Mobileの審査NGになった理由が分かりました。

今回の原因

 今回、東京の銭湯を紹介する新サイトでアダルトと判定された原因ですが、自分の考えでは銭湯という事柄を取り扱っています。

一部最近書いた記事の中で、スーパー銭湯の名称でアダルト系のようなワードがありました。それがアダルトと認定されてしまったのではないかと自分は勝手に考えています。

忍者admaxのコンテンツシステムチェックは使える

 今回のアダルト判定は残念でしたが、一つ勉強になることがありました。

それは、忍者admaxのコンテンツシステムチェックはアダルトサイトかの判定に利用できるということです。

忍者admaxはアダルトサイトでも、サイト属性等でアダルトと指定すれば広告を貼ることができます。

もちろんアダルトと指定すれば広告は品のないアダルト系の広告になりますが・・・

(試しにちょっとだけアダルト広告をやってみました。自分的には、えげつないのですぐやめましたけど・・・)

 ここで自分が言いたいのは、アダルト系の広告が貼れるということではなくて、自分のサイトの判定がアダルトかアダルトでないかが分かることです。

この判定は自分のサイトがアダルトと認定されてもうれしいことです。なぜなら審査の判定が分かるからです。

 i-Mobileの審査のように「当社規定によりNG」だけでは何が悪いのかが分かりません。まだ「アダルトだよ」と判定されたほうがうれしいです。

なぜならその判定を元にサイトの改善ができるからです。

アダルトと判定されたら、怪しいと思われる記事を削除して再審査をすれば、一般のサイトとして審査OKになる可能性があります。

自分は忍者admaxのコンテンツシステムチェックはアダルトの判断に使うのがよいと考えました。

以下に忍者admaxの参考記事を載せておきます。(忍者admaxのヘルプです)

【参考記事】
 → 忍者AdMaxのコンテンツチェックシステムが変更になります
 → 広告枠が『配信不可』になっている
 → 広告枠が「配信中(※)」になっている

確認方法のおさらい

とりあえず今回の一連手順を簡単にまとめておきます。
 (今後のサイトのアダルト判断の備忘録です)

① i-Mobileの審査をする(PC広告)
   ↓
② 「当社規定によりNG」になる
   ↓
③ 忍者admaxの広告をサイトに貼る
   ↓
④ 忍者admaxの管理画面の広告枠一覧の状態を確認する
   ↓
⑤ 状態が「掲載不可」または「配信中(※)」になっている
   ↓
⑥ 自分のサイトがアダルトと判定されたと認識する

※ この後に一般サイトと判定されるよう、自サイトを改善すればよいと考えます。

まとめ

 今回、i-Mobileの審査を何度してもNGなので困りました。そしてその理由が分からず困りました。でも意外なところからその原因が分かりました。

今回の件を通じて、自分の考えていないところや知らないところで勝手にアダルトになってしまう要素があることが分かりました。

また自分のサイトがアダルトかの判断をしたいときは忍者admaxの広告を貼って判断するのがよいと思いました。

忍者AdMaxのコンテンツチェックシステムは自分のサイトがアダルトかのよい判断材料になると思いました。今回の件でいろいろ勉強になりました。

 

 
●i-Mobileの審査が通らない人の参考になればと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 
おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク