i-mobileのサイト審査でNGになった経験と代替案

(階層カテゴリ:お小遣いブロガーQA/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/04/01   更新日 18/01/31
 
 
 先日、i-Mobileのサイト審査をしてNGになりました。そこで今回は、i-Mobile広告の代替案について考えてみます。
 

前提条件

 この記事は、i-Mobileと忍者admaxの広告を使ったことがある人を主に対象とします。

またクリック型の広告を対象とします。そしてgoogleアドセンスは使いたくない人を対象とします。

注意

 ここで説明する広告枠の設定は「PC向け」です。広告枠設定は「PC向け」でお考えください。

クリック広告はi-mobileだけ?

 先日、i-Mobileのサイト審査をしてNGになりました。なんど審査してもNGでした。

そこで、「クリック広告はi-mobileだけか?」と思うようになりました。

別にi-mobileの広告にこだわる必要はないと考えるようになりました。頭を柔軟にしようと思いました。

代替の広告

 そこで、i-Mobileのクリック型の代替広告として忍者admaxにしようと思いました。

それは自分が複数している他のサイトで利用した経験があるからです。

それに忍者admaxは審査なしで広告が簡単に貼れるからです。

忍者admaxのクリック広告を貼ってみた

 i-Mobileの審査でNGになったサイトに、忍者admaxのクリック広告を貼ってみました。

広告を貼った直後は、自分のサイトが忍者admaxからアダルトと判定されてしまいました。

しかし、1日経ってまた状態を見てみると今度は一般のサイトと認定され、普通の忍者admax広告が表示されるようになりました。

ここら辺はよく分かりませんが自サイトがアダルトから一般サイトに判定が変わったようです。

普通の広告が表示されるようになったので、このまま忍者admaxの広告を使うことにしました。

 もし自分のサイトがアダルトと判定され続けていたら、怪しい記事は削除して、一般サイトに判定が変わるまで、何度もチャレンジしようと考えていました。

ちょっと勉強がてらトライしたかったので残念です。

-PR-

広告はいくらでもある

 今回は、i-Mobileの広告はあきらめ、忍者admaxの広告に変更することで落ち着きました。

視野を広げてみれば、広告はいくらでもあると思います。

例えばnendとか。こういった機会にいろいろな広告を使ってみて勉強してみるのも一案かと思います。

今は時間がありませんが、時間ができたらnendも挑戦してみるつもりです。

アドセンス以外の広告にこだわった理由

 クリック型の広告といえばgoogleアドセンスが有名です。単価も断然よいですし。

自分も複数のサイトを運営し、いくつかのサイトで使っています。

でもなぜ今回はアドセンスを使わなかったのか。

それは、今回、i-Mobileの広告を貼ろうとしたサイトが、少しアダルトの印象を受けるところがあったからです。

万一、アドセンスを使いgoogleさんに勘違いされてペナルティーを受けるのが怖かったからです。

各サイトの雰囲気により、広告会社を変えるのもブロガーにとって必要なことだと考えます。

それにリスク分散の意味もありました。

万一、アドセンス一本にしてアドセンスが使えなくなったら目も当てられません。

不測の事態に備えて、アドセンス以外のクリック広告を知っておく必要があったからです。

そのような理由から今回はアドセンス以外のクリック型広告にこだわりました。

まとめ

 今回、i-Mobileのサイト審査を何回してもNGでした。そこで広告は別にi-Mobileだけではないと思いました。

i-Mobileがダメなら他の広告を貼ればよいと考えました。頭の切り替えが必要と思いました。

アドセンス以外のクリック型広告なら、忍者admaxやnendなどがあります。

自分が言いたいのは、i-Mobileの広告が使えないなら頑固にならず頭を柔軟にして他の広告を使ってみればということです。

自分は今回、i-Mobileから忍者admaxに広告を変えて柔軟に対応できたかなと考えています。

 
 
●押してだめなら引いてみろ、という感じです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 
おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク