iphoneのバッテリーを早く使い切る方法

(階層カテゴリ:iPhone/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/12/21   更新日 17/12/21
 
 
 どうもシケポンです。今回はiphoneのバッテリーを早く使い切る方法、早くバッテリーを消費する方法について考えてみます。
 

スマホ全般の方法

 タイトルはiphoneとなっていますが、この記事の対象はスマホ全般の機種を対象としています。スマホ全般のバッテリーを早く使い切る方法です。

iphoneとしたのは、たまたま僕のスマホがiphoneなだけです。

 -PR-

なぜ早くバッテリーを使い切りたいのか?

 これは、みなさん同じ目的だと思います。

スマホのバッテリーの減りが早くなったとき、一旦、スマホのバッテリーをゼロまで使い切ると、バッテリーのリフレッシュになり、その後、バッテリーの減りが遅くなる。

そのため、あとわずかなバッテリー残量になったとき使い切りたいという人がほとんどだと思います。

バッテリーの消費を早くする方法

 僕が考えた、簡単にできバッテリーの消費を早くする方法を2つご紹介します。

① ライトをつける
 スマホのライトはバッテリーの消費量が大きく、早くバッテリーを使い切りたいときはオススメです。

② 「位置情報サービス」をONにしてgoogleマップを見る
 「位置情報サービス」をONにしてgoogleマップを見ると結構、バッテリーの消費が大きいです。オススメです。

贅沢な使い方

 普段はしないけど、ライトをつけながら、「位置情報サービス」をONにしてgoogleマップを縦横ななめにスクロールすると、バッテリーの消費が激しいです。

この方法、バッテリーを早く使い切りたいときにオススメです。贅沢な使い方ですね。

放置でもOK

 別に地図を操作しなくてもOKです。ライトをONにして地図アプリを開いておき放置しておくだけでも勝手にバッテリーが早く消費できます。

例えばパソコンをしているとき、お風呂に入っているときなどに放置しておけば、あとは勝手にバッテリーが早く消費してくれます。

備忘録

 スマホを新品で購入して1~2年目は、バッテリーも新しくバッテリーの消耗も少ないのでバッテリーのリフレッシュは必要ありません。

でも3~4年経つとバッテリーも古くなり、バッテリーの消耗も激しくなります。

そのようなときに、バッテリーの残量が少ないときは、バッテリーのリフレッシュもかねて、一旦、バッテリーの残量をゼロにします。

こういうときにバッテリーを早く使い切る方法が必要となってきます。

そのときそのときで、バッテリーを早く使い切る方法を考えるのが面倒くさかったので、この際、備忘録で書き残しておこうと思いこの記事を書きました。

まとめ

 スマホのバッテリーを早く使い切りたいときは、上記に上げた2つの方法を同時にすると、比較的、バッテリーを早く消費することができます。

個人的にはオススメの方法です。スマホのバッテリーを早く使い切りたい人の参考になればと思います。
 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
おしまい
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク