謎が解けた!忍者アナライズが中途半端に解析される原因

(階層カテゴリ:お小遣いブロガーQA/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/05/06   更新日 18/01/23
 
 
 ワードプレスで作成したサイトに忍者アナライズの解析タグを設置。始めのうちは正しく解析していたのに、途中から一部のデータだけしか解析されないようになりました。今回はこの問題について考えてみます。
 

解析が中途半端

 雑記ブログサイトを引越しして、ワードプレスで新サイトを立ち上げました。

そこで旧サイトと同様に新サイトでも、忍者アナライズの解析タグを設置して、アクセス解析をしました。

始めのうちは正しく解析されていたのに、途中からアクセスの一部だけしか解析されないようになりました。

中途半端なアクセス解析なので、アクセスデータとして不十分だし、使い物になりません。この原因がよくわからず困りました。

(余談ですが、この記事は2017年5月ごろのお話です)

 -PR-

該当サイトの設定

 自分の場合、引越したサーバーはwpXサーバーにしました。wpXサーバーの特典として、無料でSSL認証ありのサイトを設定することもできます。

wpXサーバーは自分でSSL認証ありなしの設定をすることが可能です。

 でも該当サイト、雑記ブログサイトはSSL認証なし、つまりURLの先頭がhttp://で設定しました。

SSL認証サイトでは解析されない

 引越しの1サイト目は雑記ブログサイト。引越しの2サイト目は趣味ブログサイトを引越しました。

新しいサーバーはwpXサーバーなので、2サイト目は、試しにSSL認証ありで設定してみました。

つまり、趣味ブログサイトはURLの先頭がhttps://で設定してみました。

そしてこのサイトにも忍者アナライズの解析タグを設置してみました。

タグの設置確認はOKになっているのに、いくらやってもアクセス解析されませんでした。

そこでいろいろ調べていくうちにSSL認証サイトでは忍者アナライズは解析されない仕様になっていることがわかりました。

このことで、SSL認証サイトでは忍者アナライズは解析されず、使えないことを学びました。勉強しました。

参考記事 → 忍者アナライズを正しく設定したのに解析されない原因(SSL認証)

原因がふとわかった

 該当の雑記ブログサイトはSSL認証なし(http://)で設定したのに、なぜ忍者アナライズのアクセス解析が途中から中途半端に解析されるのだろうと思いました。

 これずーと悩みました。1ヶ月くらい悩みました。

 しかし、あるとき原因がわかりました。

 ふと該当サイトを表示し、左上にあるURLを見たとき、URLの先頭がhttps://になっているのに気づきました。

 あれ?何でhttps://、SSL認証ありになっているのかなと思いました。そして思い出しました。

 あるとき、該当サイトの設定をいじっているときに、「SSL認証なし」から「SSL認証あり」に設定変更できるのかなと思い、設定をoffからonに切り替えたことを思い出しました。

 「そうか、途中からSSL認証をoffからonに設定変更したんだ」と思いました。SSL認証ありにしたから、その時点からアクセス解析が中途半端になったんだと気づきました。

アクセス解析が中途半端になった原因の推測

 でもアクセス解析でちょっと疑問が残ります。それは何でアクセス解析が中途半端になったのかということです。

SSL認証ありに設定変更した時点から、まったくアクセス解析されないのならわかりますが、なんで中途半端にアクセス解析されるのだろうと思いました。

 そこでURL部分をちょっといじってみました。

【イメージ例】

 http://ddddddd.com
 https://ddddddd.com

 http部分のsをつけたり取ったりして、サイトが表示されるか見てみました。そうしたら両方ともサイトが表示されました。

 つまり、始めはSSL認証なしで設定して、途中からSSL認証ありに設定変更したので、そういう時はインターネット上では、両方の表示が可能みたいです。

これは実体験では、実証済みです。でも、なんでそうなるかはインターネットの知識が自分は詳しくないのでよくわかりません。

まあでも、SSL認証なしからありに変更したのでこのようになったのだと思います。なんとなく推測はできます。

それで、何で中途半端にアクセス解析されるのという疑問ですが・・・

どうやら、SSL認証なし、http://経由でアクセスしたもののみアクセス解析がおこなわれるようです。

また、SSL認証あり、https://経由でアクセスしたものはアクセス解析されないようです。

通常はSSL認証あり、https://でアクセスされる割合が多いようです。SSL認証なし、http://経由でアクセスされる割合は少ないようです。

この考えだと、アクセス解析が一部だけになった理屈が合います。

設定変更はやめよう

 試しに、またアクセス解析ができるようにしたかったので、たぶんよくないとは、わかっていたのですがダウングレード、SSL認証ありからSSL認証なし、https://→http://に設定変更してみました。

 そうしたら、案の定、不具合が起こりました。ダウングレードしたらサイトが表示されなくなってしまいました。SSL認証がらみのエラーでした。詳しくはわかりませんが。

 初めからダウングレードはよくないのはわかっていたし、サイトが表示されなくなり青ざめたので、20~30分くらいしてから、またSSL認証設定をoffからon、SSL認証なしからSSL認証ありに戻しました。

 SSL認証の設定をon→off→onと切り替えたのが30分程度だったこともあり、サイトが表示されない不具合はすぐ直りました。

 このことで勉強になったのは、SSL認証ありにしたものをSSL認証なしにダウングレードすると、やはり不具合が起こります。

当たり前ですが、SSL認証をありからなしに変更するのはリスクが高いのでやめましょう。特に私みたいにここらへんの知識がない人はやめましょう。

自分の対処

 結局、この該当サイト(雑記ブログサイト)を忍者アナライズを使ってアクセス解析することについてですが、一度、SSL認証をありにしてしまったので、忍者アナライズでのアクセス解析はあきらめました。

このままSSL認証ありのままにしておいて放っておこうと思います。

最終的な解決策

 1回目は新規サイト(趣味ブログサイト)を開設して初期設定時点でSSL認証ありにしたため、忍者アナライズのアクセス解析がまったくできませんでした。

2回目は新規サイト(雑記ブログサイト)のSSL認証をなしからありに変更して、忍者アナライズのアクセス解析が一部だけ解析されるという現象が発生しました。

どちらもいえることはSSL認証ありに設定したことが原因です。

 最近のインターネット環境のニーズとして、SSL認証ありのニーズが高まってきています。

googleさんもSSL認証ありのほうが検索順位を優先するといっています。

しかし残念なことに忍者アナライズの仕様でSSL認証ありの場合はアクセス解析できない仕様になっています。これは利用者にとって、まったく残念なことです。

 このアクセス解析の不具合については、個人レベルというよりも、忍者アナライズの仕様を変更して、SSL認証ありでもアクセス解析できるようにしてほしいものです。

それが私の思う最終的な解決策だと思います。そのうち、SSL認証ありでもアクセス解析できることを望みます。

最新の忍者アナライズ  

 この当時(20017年5月)の忍者アナライズは、「SSL認証あり」のサイトの場合、正しく解析されませんでした。

しかし、この数ヵ月後に仕様変更され、「SSL認証あり」のサイトも正しく解析されるようになりました。

現在の自分は忍者アナライズを使用するとスマホでアンカー広告が表示されるため使用していません。なお、有料の場合はアンカー広告は表示されません。

現在の自分は忍者アナライズの使用をやめました。

 (追記: 2018/1/23)

まとめ

 自分は何度もSSL認証あり(https://)で忍者アナライズのアクセス解析ができず困りました。なので自分の不具合事例をまとめてみました。

この記事が忍者アナライズでアクセス解析ができずに困っている人の参考になればと思います。

 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク