サイト引越し後の想定!人気サーバーの信頼性の期待と不安  【wpXサイト移転②】

(階層カテゴリ:サイト移転の体験談/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/06/06   更新日 17/10/03
 
 

② 引越し後の想定

 この記事ではテンプレートブログからワードプレスへの引越し後の理想と目的を上げてみます。

引越しの目的

 引越しの目的は、ブログサイトの品質向上とアクセスアップです。そしてブログ収入のアップです。ワードプレスに変更することにより可能と考えます。

テンプレートブログの悩み

テンプレートブログでよくある悩みをあげてみます。

・規定の文字の大きさが少し小さい
・右サイドバーがカスタマイズしにくい
・自分の思うようにサムネイル表示ができない
・ブログ下部に視覚的に見やすいオススメ記事追加ができない
・「hタグ」見出しタグが設定できない。設定しにくい。
・サイトに自分の思うように広告をはめ込めない
・カテゴリー表示が全体的に不満

※ワードプレスに変更すれば、これらは改善すると考えます

ワードプレスへの期待

 ワードプレスの目的はサイト表現が豊かになることと、そしてアクセスアップです。

テンプレートブログのときは、目的の記事だけ読んで退出していたのが多かったと考えます。せっかくサイトに来てくれた人を取り逃がしていた感があります。

ワードプレスでは、サイト表現を豊かにしてアクセスした人に複数記事読んでもらい、アクセスアップを図りたいと考えています。

ワードプレスにはプラグインが充実しているので、それを駆使すれば可能かと考えます。

サーバーの品質と安定性

 サーバーの品質については、ネット上で多くのブロガーがエックスサーバーを絶賛しているので、エックスサーバーにすれば問題ないと考えます。

サーバーの耐久性

 エックスサーバーにしてどれくらい持つかという点については、品質、安定性については定評のあるエックスサーバーを選んだので最低5年くらいは持つと考えます。

プラットホームは5年は変えずに済むと考えています。

新規のドメイン

 テンプレート形式の旧ブログサイトは、さくらサーバー(ライト)をレンタルし、ドメインもさくらサーバーで取得しました。

今回は、新ブログサイトはワードプレス形式にするため、全て一新したいと考えています。

そのため新ブログサイトでは、エックスサーバーをレンタルし、ドメインもエックスサーバー関連会社で取得しようと考えています。

こうしておけば、長い目で見たときブログサイト運用が楽になると考えています。

(ドメインの使い回しもありますが、のちのち面倒くさそうなのでやりたくありませんし、やめました)

■今回の事例

【旧サイト】
 サーバー   : さくらサーバー(さくらのブログ)
 ドメイン   : xxxxxx.com
 ブログタイプ : テンプレートブログ

【新サイト】
 サーバー   : wpXサーバー
 ドメイン   : yyyyyy.com
 ブログタイプ : ワードプレス

まとめ

 読者の方も実際にサーバー会社を切り替える前、ブログデータを移行する前に、引越し後のことを深く想定しておいたほうがよいと考えます。

私のこの記事が読者の参考になればと思います。

⇒ 次へ (連載記事3)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク