ブログ初級者向け!サイト引越で使ういろいろなリダイレクトの種類と簡単な説明

(階層カテゴリ:リダイレクト/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/06/29   更新日 17/06/29
 
 
 どうも、シケポンです。リダイレクトの方法はいろいろあります。でもそれを一覧にして分かりやすく説明したものがありませんでした。そこで個人的に作ってみました。リダイレクトをざっくり理解する参考にしてください。
 

この記事の対象者

 この記事はブログ初中級者に向けて書いています。なので対象者はブログ初中級者を中心としています。

主なリダイレクトの一覧表

 自分がネット上で調べて知った、主なリダイレクトはこのようになりました。

また、ブロガーの各レベルに合ったリダイレクトはどれが適しているのかをまとめた一覧表を作ってみました。

■リダイレクトの一覧表

各リダイレクトの説明

上記リダイレクト一覧表に上げた、各リダイレクトの簡単な説明を以下にしてみます。

① htaccessによるリダイレクト

 リダイレクトといえば、301リダイレクトです。そこでよく使われるのがhtaccessによるリダイレクトです。これは、ブログ上級者がサイト引越しのときよく使う手法です。

ただし、これを操作できるのはWEBの知識やサーバーの知識に長けていないとできません。WEB上級者向きです。残念ですが技術のないブロガーには扱えません。

② Java Scriptによるリダイレクト

 ネット検索していたら、Java Scriptによるリダイレクトもあるそうです。WEB上級者がまあまあ使っているリダイレクト方法のようです。これもWEB上級者向きです。

残念ですが技術のないブロガーには扱えません。

③ canonicalによるリダイレクト

 canonicalによるリダイレクトは、一般的なブロガーがよく使っている手法です。こちらは簡単なHTMLの基礎知識があれば使いこなせます。

ブログ初中級者でも扱えるリダイレクト方法といえます。

④ 「サイト移転お知らせページ」によるリダイレクト

 よくネットを見ていると「このサイトはxxxxxに移転しました」というあれです。これはcanonicalとセットにするのが一般的なようです。

移転お知らせページは1ページ作るだけでよいです。

⑤ 「旧個別記事全部にサイト移転お知らせ掲載記述」によるリダイレクト

 リダイレクトの知識向上のためにネット検索していて知ったのですが、旧個別記事に「新しいサイトはこちらです。 →xxxxx.com/yyy01」を全記事、個別記事単位に書き込むというリダイレクト手法があるそうです。

これは、個別記事に直接書き込むだけの手法なので、HTMLの知識がなくてもできるリダイレクト手法です。

これを実際に自分もテストしてみましたが、google先生には一応一定の評価があるようです。一定のリダイレクト効果はあるようです。

しかし、旧個別記事全部にひとつひとつ移転お知らせの記述を書き込まないといけないので、面倒で手間がかかります。

これは、ブログやHTMLの知識がまったくなく、素人ブロガーがとるべきリダイレクト手法と考えます。ブログ初中級者向きのリダイレクト手法とはいえません。

リダイレクトの最終手段といったところです。

⑥ 旧サイトを直接削除

 これはリダイレクトではありません。重複ペナルティーを知らない人がサイト引越しの際によくやってしまう行動です。

サイト引越しのために、旧サイトと新サイトを並列でネット上で運営します。そしてサイト引越しが完了したので不要となった旧サイトを削除するという行動です。

このとき、リダイレクト対策はまったくしていません。これをするとネット上で個別記事が一時的に二重になってしまうので重複ペナルティーを受けてしまいます。

これをしてしまうとgoogle検索で一時的に上位検索されなくなりアクセスがガタッと低下します。これをなるべく避けるためにリダイレクト対策はしたいものです。

でもWEBの知識がない人はこれをして先に進むのも手だと思います。(サイト引越しの際の重複ペナルティーは一時的なものですから・・・)

⑦ 旧サイトをcanonicalせずにそのまま残す

 まずありえない行動です。これをすると重複ペナルティーを永遠に受けるので新サイトは永遠に上位検索されません。まずこの行動をする人はいないと思います。

これをするなら重複ペナルティーを受けても旧サイトの削除のほうがよいです。一応、考え方的に載せておきました。

一般ブロガーが取るべきリダイレクト処置

 自分は一般的なブロガーです。サーバーの深い知識やWEBの深い知識はあまりありません。そして、ブログサイトは素人でもそれなりに運営できればよいと考えています。

 そういう観点から言えば、サイト引越しでどうしてもリダイレクト対策をしないといけないとき、どこまですればよいかと考えます。

 自分の考えでは、htaccessやJava Scriptは上級者向きのリダイレクトなので、一般ブロガーはやらないほうがよいと考えます。これらの技術に時間を費やすのはもったいないですから。

また、旧個別記事に一つ一つサイト移転文章を書き込むのも手間がかかるのでやらないほうがよいと考えます。

 自分が一般ブロガーでよいと思うリダイレクト方法は、canonicalによるリダイレクトです。これが一般ブロガーレベルにはよいリダイレクト対策と考えます。

まとめ

 自分はリダイレクトの種類や、ブロガーの各レベルに合ったリダイレクト方法が知りたいと思っていました。でもネット上でなかなかそういう資料が見つかりませんでした。

なので今後、サイト引越しをしてリダイレクト対策をしたい、ブロガーのために分かりやすい資料を作ろうと思いました。

このリダイレクトのまとめ記事が読者の参考になればと思います。
 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク