素人ブロガーにオススメのリダイレクト設定はcanonicalがよい理由

(階層カテゴリ:リダイレクト/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/07/12   更新日 17/07/12
 
 
 どうも、初級者ブロガーのシケポンです。今から少し前にサーバー引越しで、リダイレクト対策をして苦労しました。今回はそんなリダイレクト対策についてまとめてみます。
 

サーバー引越しとリダイレクト

 ドメイン変更を伴うサーバー引越しのときは、google先生からの評価が下がるのでどうしてもリダイレクト対策が必要です。

何回もドメイン変更を伴うサーバー引越しをしている人は、このくらいのことは知っていると思います。

初級者にはcanonical

 リダイレクトにもいろいろあります。例えば301リダイレクト(hcacsess)やJAVAスクリプトによるリダイレクト。htmlの追記によるcanonicalでのリダイレクト。

また、投稿記事に直接、引越しのお知らせなどを書き込む方法など、いろいろあります。

でも初級者ブロガーにはcanonicalでリダイレクト対策するのが一番よいと僕は考えます。その理由をこれから下記に説明していきます。

hcacsessによるリダイレクト

 hcacsessによるリダイレクトとは301リダイレクトのことです。hcacsessファイルは旧サーバーの所定の位置に置かないといけません。

また、hcacsessを扱うにはサーバーに関する詳しい知識が必要です。正直、初級者ブロガーにとっては設定するだけでもハードルが高いです。

リダイレクト対策はgoogle評価のための一時的なものであるため、専門知識を習得してまで、設置しなくてもと自分は考えます。

hcacsessによるリダイレクト対策はWEB上級者向けです。hcacsessによるリダイレクトは、初級者ブロガーにとって難易度が高く、サーバーの専門知識を要するため、やらないほうがよいと思います。

JAVAによるリダイレクト

 JAVAによるリダイレクトは、JAVA言語を読めたりサーバーの知識がないと扱えません。

これもWEB上級者向きのリダイレクト対策なので、初級者ブロガーはやらないほうがよいと思います。

hcacsessとJAVAのリダイレクト

hcacsessとJAVAは、WEB上級者向きのリダイレクト方法です。初級者ブロガーはトライしてもちんぷんかんぷんだし、やるだけ時間のムダだと思います。

ここは見切りをつけて、初心者ブロガーはやらないほうがよいと思います。

投稿記事一つ一つに引越しのお知らせ

 リダイレクトについてネット検索していたら、「投稿記事一つ一つに引越しのお知らせを書く」という方法が載っていました。

これなら、専門的な知識は不要で、投稿記事一つ一つに、引越しのお知らせを記述するだけでよいと思いやってみました。確かに一定のリダイレクト効果はありました。

でも、記事一つ一つに引越しのお知らせを記述するのは面倒で疲れるし、何となくリダイレクト対策として、しょぼいと思いました。

こちらはブログ技術面で何の進歩もないのでもう少し技術的なリダイレクト対策をしたいものです。

そのような点から、このリダイレクト対策もあまりやらないほうがよいと考えます。しかし、htmlなのど知識がまったくない人には、やってみる価値のあるリダイレクト方法です。

canonicalによるリダイレクト

 私が、初級者ブロガーに一番オススメするリダイレクト対策はcanonicalです。実際に自分もcanonicalでリダイレクト対策をしましたが簡単でした。

htmlの基礎的な知識があれば、htmlにコードを1,2行追記するだけでリダイレクト対策ができます。ブログ技術的にもcanonicalをしてみると勉強になります。

自分としてはcanonicalのリダイレクトは、初級者ブロガーにとって難しくもなく、やさしくもなく中間的な感じなのでよいと思います。

canonicalの設定については、ネットをググればいくらでも情報はありますので割愛します。初級者ブロガーには、canonicalでリダイレクト対策をするのがオススメです。

まとめ

 初級者ブロガーがリダイレクト対策をするにはどの方法がよい?といわれたら、自分はcanonicalをオススメします。

canonicalをすることにより、WEBやサーバー、ブログの知識が高まるからです。また難しくもなくやさしくもなく、程よいからです。

僕は初級者ブロガーがリダイレクト対策するならcanonicalをオススメします。この記事が初心者ブロガーのリダイレクトの参考になればと思います。
 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク