ブログを書きたくない!気持ちが乗らないときに心をごまかして書き進める方法

(階層カテゴリ:お小遣いブロガーQA/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 18/04/10   更新日 18/04/10
 
 
 ブログをしているみなさん、ブログを書く気になれず気持ちが乗らないときがありませんか? 僕もいつもそうです。そこで今回は、少しでもよいからブログを書き進める方法について考えてみます。
 

ブログ記事で思うこと

 ブログ記事を増産しなければアクセスアップにつながらない・・。だからブログ記事を1記事でも多く早く書かなければと思うブロガーがほとんどだと思います。僕もその一人です。

 -PR-

気が乗らない

 ブログ記事を書いて、それがアクセスに反映されているときは、もっと記事を書いてアクセスを増やそうと頑張れます。

しかし、いくらブログ記事を書いてもアクセスが増えない、アクセスが平行線のときは気が萎えます。ブログを書く気がなくなります。

まあブログを書く気になれない、気が乗らないのはアクセスアップにつながらないのとメンタル面が大きいと感じます。

ブログを書く気になれる方法を考えてみる

 そこで・・・

ブログを心が萎えていても書く気になれる方法はないか考えてみました。

その1/ 音楽を聴きながらブログ記事を書く

 これはテレビ番組を見ていたときの情報です。

 テレビのあるバラエティー番組を見ていたときに、小説家の人が出演していました。

そして、その小説家に「原稿もほとんど書けずに、締め切りに迫られ原稿を仕上げなければいけないとき、どうしているの?」という質問をされました。

 その小説家いわく、「音楽を聴きながら原稿を書く」と言ってました。音楽を聴きながら原稿を書くと、リラックスしながら原稿を早く書きやすいと言ってました。

また、音楽のおかげで何十枚の原稿をいっきに書けるともいってました。そしてこの小説家は、音楽はクラッシックを聞いていると言ってました。

 自分はそのテレビ番組をみて「なるほど」と思いました。確かに音楽で脳をリラックスさせて、原稿が書きやすくなるのかもと思いました。

自分もブログ記事を早く書けないか悩んでいたので一理あると思いました。

 なので自分もブログ記事を書くとき、実際に音楽を聴いてブログ記事を書いてみました。感想としては一定の効果があると感じました。

多少は音楽を聴いてブログを書くと、集中してブログが書けるかなと思いました。

 またブログ記事を書くときに聴く音楽についてですが、なるべく歌詞のない音楽にしたほうがよいです。

歌詞のある音楽だと曲がよくても、どうしても歌詞に意識がいってしまうからです。

なので僕が、音楽を聴いてブログを書くときは、歌詞がない音楽か、英語の歌詞の曲を聴いています。

自分は日本語しかしゃべれないので、英語の歌詞は言葉というより曲(音楽)として頭に入ってくるのでそんなに、意識が散漫することはありませんでした。

 あとは音楽を聴きながらブログ記事を書くのは、効果のある人もいれば、そうでない人もいると思います。

脳がリラックスして集中して早く書ける人もいれば、そうでない人もいると思います。こればかりは個人差があると思います。

 自分はたまに歌詞のない音楽か、洋楽の音楽を聴きながら、たまにブログ記事を書いています。いちおうオススメです。

 スポンサーリンク

 スポンサーリンク

 スポンサーリンク

その2/ 30分だけ1行だけでもいいからと自分に言い聞かせながらブログ記事を書く

 これは自分の体験談です。

 ブログ記事を書こうと思うとき、心の中で「ブログを書きたくないなぁ」。

「どうせ書いてもアクセスが増えないしなぁ」。「正直、面倒くさいなぁ」。「ブログを書いてもムダな努力だしなぁ」など心の中をよぎります。

マイナス思考、消極的な考えが頭の中に充満して机についてもブログ記事を書きたくないときがよくあります。

こういう後ろ向きな心を前向きにしてブログ記事を書く方法はないかなと思うようになりました。

 そこで、自分で考えたのが・・

 自分で自分をだますこと、ごまかすことでした。

 だいたいブログ記事を書きたくないときはマイナス思考。そして考えが後ろ向き。どうせそうなら、自分をだましてブログ記事を書かせようと思いました。

 そこで思ったのが、「30分机に向かい、1行だけでもいいからブログを書いてみよう」と自分に言い聞かせてみることでした。

 この「30分1行」というのがよいのか、最初は後ろ向きなのだけど、だんだんとブログ記事が書けるようになりました。

自分の心をごまかしてブログ記事が書けるようになりました。

 実際に30分も机に向かっていたらブログ記事が1行しか書けないなんてことはありません。最低でも5行、10行は書けます。

そして30分といいながら1時間書いているときもよくあります。

 ようするに心のハードルが高いときがあります。それを低くしてやれば自然と心が前向きになり、ブログ記事が書きやすくなります。

 自分はブログ記事を書きたくないなというときがよくあるのですが、そういうときは自分にウソをついて「30分1行だけでもいいから」と心に言い聞かせながらブログ記事を書いています。

そうするとだんだんと後ろ向きの心が前向きになりブログ記事を自然と書いています。この僕のメンタル方法、オススメです。

 スポンサーリンク

心のハードルを低くすることが大事

 ネットでのブログの通説では、「1日1記事」。「2000文字程度なら1時間で書き上げる」などあります。

こういうのに囚われていると心のハードルが高くなりブログを書くのが嫌になります。人より遅くて、ブログ記事の本数が少なくてもいいですから少しずつやるのがよいと思います。

別に3日に1記事でもよいと思うし、2000文字くらいのブログ記事を書くのに3~4時間かかってもよいと思います。

別に人と比べるより、ハードルを下げて少しでもよいからブログ記事を書くのが大切かと僕は考えます。

まとめ

 ブログを書きたくない。その気持ちよくわかります。自分もいつも悩まされます。

そんな時は、「音楽を聴きながらブログ記事を書いてみる」。または「30分1行だけでもいいからと自分に言い聞かせながら書いてみる」。

自分はこの2つの方法で心がブログを書きたくないときにやっています。そうするとブログが書きやすくなります。

自分がブログ記事を書くときに後ろ向きな心を前向きにするための方法についてでした。この記事がブログを書きたくないときのメンタルを変える参考になればと思います。

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク