SEO技術!WordPressにしたらパーマネントリンクはしっかり設定すべき理由

フィンランド お小遣いブロガーQA

(階層カテゴリ:お小遣いブロガーQA/SEO)
●おすすめ度:80%
投稿日 18/05/02   更新日 19/02/16

 

フィンランド

 
 ブログをしているとたまに聞く「パーマネントリンク」。そこで今回は、初中級ブロガーの僕が、パーマネントリンクについて深く掘り下げて考えてみます。

 

目次【本記事の内容】

 

 

そもそもパーマネントリンクとは?

 パーマネントリンクとは、直訳すると「永久的なリンク」です。記事単体を識別するためのリンクです。

ネット上では、1記事を識別するためのファイル名といったところです。

 

 自分は元IT技術者でしたし、ネットの知識が一般の人よりちょっとあるので、このくらいの情報でパーマネントリンクが理解できました。

ネットの知識が浅い方は、パーマネントリンクで検索して理解を深めてください。

 

 ざっくり言ってしまえば、パーマネントリンクはこのようなものです。

 

■一例

digital.shikepon.com/2018/04/24/1804e-hasiwatasi-blog/
 (赤文字部分がパーマネントリンクです)

 

 

 -PR-

 

 

 

パーマネントリンクはブログによって異なる

 みなさんもお気づきだと思いますが、パーマネントリンクは、ブログによって異なります。

無料ブログ、または安い有料ブログの場合、固定のリンクIDに通し番号が設定されます。

 

そして無料ブログの場合は、自分で好きにパーマネントリンクを変更することができません。

 

 

■無料ブログのパーマネントリンクの一例

http://coffeeremone.seesaa.net/article/414021415.html
(seesaa)

 

■さくらのブログのパーマネントリンクの一例

http://sigamemo.sblo.jp/article/181869217.html
(さくらのブログ)

 

※ 無料ブログまたは、安い有料ブログの場合、パーマネントリンクは数字の羅列。また変更することはできません

 

 

 一方、ワードプレスでブログ記事を新規作成した場合、任意のパーマネントリンクIDが設定されています。

しかし、自分でパーマネントリンク変更をすることができます。初期のパーマネントリンクIDは「post-XXX」というのが一般的です。(XXXは任意の数字です)

 

 

■ワードプレスのパーマネントリンクの一例(変更後)

digital.shikepon.com/2018/04/24/1804e-hasiwatasi-blog/

 

※ ワードプレスの場合、パーマネントリンクを変更することが可能です

 

 

 

パーマネントとは

 ちょっと話はそれますがパーマネントといえば、頭の髪の毛のパーマを思い浮かべます。この考え、合っているそうです。

パーマネントとは、上記にもありますが「永久的な」という意味です。

 

子供のパーマ

 

 頭のパーマも、パーマをかけるとある程度の期間、パーマがかかっているのでパーマ(永久的な)というそうです。

 パーマネントリンクというワードを初めて聞いて、「なんでリンクでパーマやねん」と思っていました。(笑) 僕、バリバリの関東人です。

 

また、パーマネントリンクという言葉を聞くまで、パーマネントやパーマの意味を知ろうとは思いませんでした。

ここで疑問に思って調べてみたら、へーえ、パーマネントとは「永久的な」という意味なんだと思いました。

 

 また、パーマネントリンクという言い回しも気になっていました。

別にリンク名でもURL名でも、URLの最後のファイル名を差すやつとかでも、いいんじゃないの?と思っていました。

まあ、おしゃれにパーマネントリンクというみたいですね。

 

 あと、パーマネントと言われると、「誰がパーマやねん。俺はまっすぐだよ。俺は髪はストレートだよ」と言いたくなります。(笑)

自分のパーマネントリンクという言葉についての感想でした。
すみません、話が脱線しました。話それました。話、戻します。

 

 

 

 

 

 

パーマネントリンクの設定は重要

 正直、パーマネントリンクは、ネット上で固有のファイル名が分かれば、いいんじゃないと思っていました。

だから、適当なファイル名でも、いいんじゃないかなと思っていました。いちいち個別にパーマネントリンク名を考えるのも面倒くさいし。

 

パーマネントリンク01

 

このURL部分については、一般的にネット検索したとき、記事内容は重要でも、URLは見ないことが多いから、どうでもいいんじゃないと思っていました。

1つしかない、唯一無二の存在が分かれば、いいんじゃないと思っていました。だから、別に数字の羅列でもいいんじゃない?と思っていました。

 

パーマネントリンク02

 

それに、ITでも数字の通し番号を利用して、一意のファイル名とみなすことがよくあります。

パーマネントリンクはネット上で1つしかないファイル名が、確立できればいいんじゃないと思っていました。

 

先生

 

でも、google先生の考え方は、一般の人が考えるのと違うようです。

いろいろな話を総合してですが、google先生はパーマネントリンクが数字の羅列よりも、

その個別記事にあったファイル名(パーマネントリンク)を好む傾向にあるそうです。

 

要するにパーマネントリンクは、その記事に合った、正しいパーマネントリンク名をつけなさいということです。

自分が、そのことに気づかされたことがあります。

一例として、yahooでもgoogleでもなんでもいいのですが、検索窓に「ブログ」と入力して検索してみてください。

 

検索結果を見てみると、URLの「blog」という文字部分がハイライトになっている、ものもあります。

つまりこれは、URL部分(パーマネントリンク)も検索対象として、みなしているということです。

なので、パーマネントリンク名も、記事にあったネーミングを付けたほうがよいということです。

 

SEO的にも、パーマネントリンク名は正しく設定したほうが有利ということです。

自分はこの体験で、パーマネントリンク名を正しくネーミングしたほうが、SEO的にも有利なことを知ったし、勉強にもなりました。

 

 

パーマネントリンクのつなぎ文字

 これはブログ界で有名なジュンイチさんが言っていたことです。

僕は、今までパーマネントリンク名を設定するとき、文字と文字のつなぎには、アンダースコア (_)を利用していました。

IT関係のときも、ファイル名をつけるとき、アンダースコアはよく使っていました。その名残もあり、アンダースコアを使っていました。

 

でも、文字と文字のつなぎには、アンダースコア(_)よりハイフン(-)のほうが、google先生には好まれるそうです。

理由は詳しくは知りませんが、ジュンイチさんはそう言ってました。SEO的にもハイフンのほうがよいそうです。

 

 

参考記事

 → パーマって髪型?!WordPressブログの「パーマリンク」の初期設定のオススメはコレ

(書いてあることは書いてあるんだけど・・。この記事、やたらとスクロールさせるんだよね・・)

 

 

そこで、この情報を知ってから、僕は文字と文字のつなぎにはアンダースコアからハイフンにするよう切り替えました。

一応参考情報として、パーマネントリンク名をつけるときはハイフンをつかいましょうということです。一応覚えておきましょう。

 

■参考例

1804e_hasiwatasi_blog (変更前)

  ↓

1804e-hasiwatasi-blog (変更後)

 

 

 

ハイフンの余談話

 ハイフンで一つ注意点があります。

パーマネントリンク名をアンダースコアからハイフンに切り替えたとき、評価がゼロから振り出しに戻ってしまいます。

 

今までの評価はゼロに戻ります。信用は、いちおう大丈夫だけど・・

それはなぜかというと、ファイル名を新しくしてしまったからです。

 

googleアナリティクスで見ればわかるのですが、アンダースコアからハイフンに変更した場合、

新ファイル名にしたのと同じになるので、今までの積み上げた評価がゼロになります。

このことに注意しながら、ハイフンを使うようにしましょう。

 

 僕の場合ですが、もうアンダースコアでネーミングして、評価のあるパーマネントリンク名は、そのままにしています。

なぜなら、評価をゼロにリセットするのがイヤだからです。

これから、新しくネーミングするパーマネントリンク名については、ハイフンを使うようにしています。参考までに。

 

 

しっかりしたパーマネントリンク名の効果は?

 パーマネントリンク名をしっかり設定することによる効果ですが・・

 

正直、よくわかりません。パーマネントリンク名をしっかり設定したからといってバーンとアクセスがアップしたとかは別にありません。

ただし、google先生に対しては評価が上がった、好感を得ているのではないかなと考えています。

 

 

 

パーマネントリンク名をしっかり設定するメリット

 パーマネントリンク名をしっかり設定するメリットとして・・

 

① googleアナリティクスなどでの解析のとき、パーマネントリンク名をしっかり設定していると、一目でなんの記事かが、わかりやすい。
(逆に数字の羅列だと、何の記事なのかが分かりにくい)

② パーマネントリンク名も検索ワードの対象になる

③ google先生の評価がよい(たぶん)

 

これらがメリットと考えます。

 

 

パーマネントリンク名の疑問

パーマネントリンク名でいくつか疑問があったのでまとめておきます。

 

長いパーマネントリンク名は問題ないか?

 この記事をきっかけに、パーマネントリンクを意識し、パーマネントリンク名はしっかりネーミングするようになりました。

 そこで、少し疑問に思うことがありました。それは「長いパーマネントリンク名をつけても大丈夫なの?」という疑問でした。

 

 今まで、長いパーマネントリンク名をつけてはいますが、特に問題はないようです。答えとしては、長いパーマネントリンク名をつけても、特に問題ないようです。

 

 

日本語名または英語名の表現がよいか?

 自分は適当なので、パーマネントリンク名を日本語表現にしたり英語表現にしたりしています。

また、日本語と英語の両方を混在させて表現したりすることもあります。

 

しかも、英語については思いついた英語で表現しています。

 

■一例
 「お米の作り方」
 → rice-make
 → okome-tukuru
 → rice-tukuru

 

 特に、これらはしていますが問題ないようです。別にgoogle先生に怒られた感はありません。

答えとしては、パーマネントリンク名は、日本語表記でも英語表記でも特に問題ないようです。

(どれでもよいみたいです)

 

 

おさらい/この記事で言いたいこと

 僕がこの記事で言いたいこと、パーマネントリンクで言いたいことをまとめます。

 

 

① SEO対策的にパーマネントリンク名は、記事に合ったネーミングを1記事1記事しっかりつける

② パーマネントリンク名で文字と文字のつなぎに使用する特殊文字として、アンダースコアよりハイフンのほうがよい

 

 

 この2つをすると、パーマネントリンク名をなにもしないときより、SEO的に有利ということです。

google先生からも好まれるということです。これを僕は強く言いたいです。

 

 

まとめ

 今まで、パーマネントリンク名は「どうでもいいんじゃない?」、

記事検索したとき、記事内容は重要でも別にURLなんか見ないし、どうでもいいんじゃない?と思っていました。

なので、自分のサイト記事でも、パーマネントリンク名は、デフォルトのままにしていました。

 

でも、ネット上で詳しくパーマネントリンク名について調べてみると、記事に合ったパーマネントリンク名をつけたほうが好ましいということを知りました。

この情報を知ってからパーマネントリンク名は、しっかり設定するようにしました。

この記事が、パーマネントリンク名をいい加減にしている人の参考になればと思います。

 

 

 

●パーマネントリンクについてでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい

 

 

 

【合わせて読みたい記事】
ブログ技術関連の人気記事です。おすすめです。

【ブログ】アクセス低下の原因は連載記事の内部リンク修正だった!その失敗談と対処法
アクセス数が激減の原因はampだった!恐怖の始まりと回復方法
【SEO知識】人気サイトへの橋渡しブログには注意しよう!ブラックだから

 

 

タイトルとURLをコピーしました