安いレンタルサーバーで長くサイト運営をしていたときの失敗と反省

(階層カテゴリ:お小遣いブロガーQA/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 18/08/31   更新日 18/08/31
 
 
 どうもシケポンです。僕は「さくらのブログ」という安いレンタルサーバーで2年間、サイトを運営していました。そして失敗しました。そこで今回は、安いレンタルサーバーの失敗談と反省について書いてみます。
 

はじめに僕の一言

 うーん、たぶんこの記事を読んでいる人は、安いレンタルサーバー(テンプレート形式)でサイトを運営していて、何かと不満が多いはず。

だからこの記事を読んでいる。そう思います。

 先に結論を言いますが、そんな人は、もうワードプレスにちゃっちゃと引越ししましょう!。そのほうが絶対よいです。

なぜなら僕がそうだったからです。そんな話をこれからしてみます。

 -PR-

安いレンタルサーバーとは

 ここでいう安いレンタルサーバーとは、月々100~300円程度の費用で借りられる、テンプレート形式のレンタルサーバーです。

僕の場合は、さくらインターネットの「さくらのブログ」を利用していました。

(僕の場合は、安いレンタルサーバーは「さくらのブログ」でしたが、読者の方は自分の安いレンタルサーバーに置き換えてください)

さくらのブログにした理由

 無料ブログだと、勝手に広告が入ってしまう。これがサイト運営していてイラっときました。

また、サイトをカスタマイズしたくてもカスタマイズしにくい。無料ブログでサイトを1年運営してきたけど、いろいろと不満が多くなりました。

また無料ブログで1年間勉強したので、もう卒業してもよいかなと思いました。

 そこで、安いレンタルサーバーに引越ししようと思いました。

勝手な広告表示はまったくなく、自分が好きなところに広告を置けるという理由から、安いレンタルサーバーと契約しようと思いました。

また、googleアドセンスを始めて間もないころで、収益はぜんぜん出ていませんでしたが、ブログも慣れてきたし月々100円程度の費用なら許せるかとも思いました。

 そこでネットで月々のレンタル代が安くてよいサーバー会社がないかと探していたら、「さくらのブログ」を見つけました。

ネット上で、安いレンタルサーバーとして、「さくらのブログ」が評判がよかったので「さくらのブログ」と契約しました。

 このときは、ワードプレスは敷居が高く感じました。

また、無料ブログの延長線上で、同じテンプレート形式ということもあり、「さくらのブログ」を選びました。月々100円という費用も魅力でした。

始めは満足

 無料ブログで30記事程度書いた雑記ブログサイトを「さくらのブログ」にお引越し。

そして、「さくらのブログ」で雑記ブログサイトを運営しました。記事を増やしていきました。ちょっとしたいろいろなカスタマイズなどもしました。

 無料ブログと違い、自分と関係ない広告は表示されない。自分の好きなところに広告を貼り、表示できる。安いレンタルサーバーはここに満足しました。

 カスタマイズについては、無料ブログとまったく同じテンプレート形式なので、ちょっとカスタマイズしにくかったです。

でも、ブログランキングのボタンや、カウンター、googleアナリティクスのコードなどを適所に張り付けたりしました。

また、ドメインを取得して自分のURLにしたり、サブドメインを利用して複数サイトを立ち上げたりしました。

こういった点は、安いレンタルサーバーで勉強ができてよかったと思っています。始めの3ヶ月から6ヶ月くらいは、そこそこ満足していました。

6ヶ月くらいから不満が出てきた

 でも、「さくらのブログ」を利用していて6ヶ月くらいから不満が多くなりました。そもそも、無料ブログの時点、テンプレート形式のブログサイト自体に不満がありました。

皆さんも使っていてわかると思うのですが、テンプレート形式のブログには、いろいろと限界があります。

ブログ初心者には、とっつきやすいのですが、慣れてくると機能面で不満が多々あります。

サイト運営に慣れてくると、ワードプレスのように自由度が高くて高機能、カスタマイズもしやすいものを望みます。

そういった点で、「さくらのブログ」を6ヶ月くらい利用してから、不満が多くなりました。

これは「さくらのブログ」やサーバー会社に不満があったのではなく、テンプレート形式のサイトの利便性で不満がありました。

 -PR-

安いレンタルサーバーでの変な誓い

 自分の大きな失敗は、「さくらのブログ」にサイトを引越したとき、変な誓いを立ててしまったことです。もっと柔軟に考えていればなぁと後悔しています。

その変な誓いとはこういうものでした。

① 広告の収益が月1000円以上になるまでは、ワードプレスに引越さない

② 雑記ブログサイトで300記事書くまでは、ワードプレスに引越さない

こんな変な誓いを立てたのが失敗でした。

 ちなみになんでこんな誓いを立てたかというと、高品質のサーバー会社でワードプレスのサイト運営をするとき、だいたい月々の費用が1000円かかるからです。

最低「さくらのブログ」でサイトを運営していてこのくらいは収益を上げなくてはと思いました。

次に、一つのブログサイトで300記事書いたら、一人前かなと勝手に僕が考えたからです。

こんな変な誓いを自分の中に立ててしまったので、それに縛られ2年、「さくらのブログ」(テンプレート形式)でサイト運営をしてしまいました。

 不満はいつも感じていたのですが、この変な僕の誓いでサイト運営を「さくらのブログ」で2年して、ずいぶん損しました。今では後悔しています。

テンプレート形式のサイトの不満点

 変な誓いを立て、それが実現するまで、コツコツとブログを1記事1記事、書き続けました。

そして2年の間に「広告の収益が月1000円以上」は達成できました。でも「一つのブログ記事で300記事を書く」は達成できませんでした。

 「さくらのブログ」(テンプレート形式のサイト)でこつこつとサイト運営をするのですが、不満が増すばかり。何よりカスタマイズのしにくさに嫌気がさしていました。

例えば・・

・外部リンクを張ったけど、リンク切れがわからない
 (ワードプレスならプラグインでそのような検知機能があるらしい)

・1記事書くたびに毎回、記事下に広告のコードを張り付けなければいけない

・1記事書くたびに毎回、記事下にweb拍手ボタンのコードを張り付けなければいけない

・右サイドバーに人気記事ランキングを表示したいけどできない

・テンプレート形式のサイトは全体的にやぼったい。スタイリッシュでない

・トップページでブログ記事のスタイリッシュなサムネイル表示をしたいけどできない

・ブログの記事下に関連記事の自動表示をしたいけどできない

・テンプレート形式だといらないことに時間が割かれてしまい、ブログ記事を書くのに集中できない

・テンプレート形式は低機能なので、ブログ記事を書く生産性が低い

など

 うーん、テンプレート形式のサイトの不満を言えば切りがありません。とにかくテンプレート形式は機能面で低機能で、使い勝手が悪く、たいへん不満を感じていました。

 だんだんサイト運営が慣れてくるとそう感じました。(これ誰もが思うことだと思いますが・・・)

2年での限界とある記事/引越しを決意したきっかけ

 半年くらい使ってから「さくらのブログ」の不満はありました。それをだましだまし使っていました。

でも2年で限界でした。いつもテンプレート形式のサイトで不満が募るばかり・・。何かよい方法はないかなと思っていました。

 そんなとき、ある記事が目にとまりました。

参考記事
私が無料ブログSeesaaからWordPressに移行した最大の理由
SeesaaからWordPressに移行して感動した5つのメリット

その記事は、無料ブログのseesaaでサイト運営をしている。そして、自分のできる限りの技術でseesaaのカスタマイズをして一生懸命、サイト運営をしていた。

でも、この人は9ヶ月でテンプレート形式のseesaaのサイト運営に見切りをつけ、一般的なサーバー会社のワードプレスに引越した。

そしてワードプレスに引越して環境が快適になり、サーバー引越しして、ワードプレスにして本当によかったという記事を見ました。

 この記事をみて、僕の背中を押してくれました。変なこだわりや誓いを捨てて、使い勝手のよさそうなワードプレスに引越ししようと決意しました。

 これが僕がワードプレスに引越ししたきっかけでした。

ワードプレスは・・

 ここでは大雑把にワードプレスの感想を言います。細かいワードプレスのことについてはネットでいろいろ書いてあるので省きます。

 テンプレート形式のサイトは正直、低機能でいろいろと不満がありました。でも、ワードプレスは高機能で、ちょっと機能を追加したければプラグインするだけ。

そして、記事を書くのに集中できることがよいです。ワードプレスは便利なので不満がなくなりました。

ストレスがなくなりました。とにかく便利です。

 -PR-

引越し大変だった

 自分の場合は、トータルで300記事、5サイトのワードプレスへの引越しをしたので大変でした。

記事数が多ければ多いほど、引越したときの記事メンテナンスに膨大な時間がかかります。僕の感想としては100記事以内のうちにワードプレスに引越したほうが賢明です。

ワードプレスへの引越し

 最初は敷居が高く感じました。ワードプレスを初めて触ったときは、先入観もあり難しく感じました。でも、使っていくうちに慣れてきました。

最初は分からないことだらけで大変ですが、それを少しづつ乗り越えてほしいと思います。そうすれば、だんだん使い慣れてきます。

今ではサイト運営するのにワードプレスは便利だし、何でもっと早くしなかったんだろうと思っています。

僕が言いたいこと

 テンプレート形式のサイトから、ワードプレスのサイトに引越しました。

僕が言いたいことは、テンプレート形式で不満を抱えているなら、引越しの手間はかかっても、はやくワードプレスに引越すべきだと思います。

そのほうが何かとメリットが多いです。これが言いたいです。

費用について

 テンプレート形式(さくらのブログ)のときは、月々の費用が100円程度でした。ワードプレスにしてから、月々の費用が1000円程度になりました。

でも、利便性から考えたら月々1000円は安いと思います。

月々1000円払うだけで、インターネットで自己発信する便利なツールが得られるのですから。安いと思います。

まとめ

 現時点(2018年9月)で、このワードプレスのサイトは、約1年半運営しています。それ以前は、「さくらのブログ」で2年、サイトを運営していました。

テンプレート形式は低機能なので、サイト運営をしていて不満が多かったです。しかし、ワードプレスにしてから高機能なので、不満やストレスがなくなりました。

こういった点からみても、月々1000円の費用は、どちらかといえば安いです。

またブログやサイトを運営するならば1000円程度の費用は仕方ないと思います。そしてサイト運営を長くする人ならワードプレスに早くすべきと思います。

この記事がワードプレスにしたいと考えている人の後押しになればと思います。

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク