【祝い】アドセンスの関連コンテンツが表示できるようになった感想!(待ちに待ってやっと使えた!)

チューリッヒ お小遣いブロガーQA

(階層カテゴリ:お小遣いブロガーQA/全般)
●おすすめ度:80% 
投稿日 18/12/30   更新日 18/12/30

チューリッヒ

 前から憧れていた、アドセンスの関連コンテンツの表示。長年かかって、やっと基準をクリアして使えるようになりました。そこで今回は、アドセンスの関連コンテンツについての感想を語ってみます。

 

目次【本記事の内容】

 

 

この記事の対象者

 この記事の対象者は、アドセンス審査には合格していて、アドセンス広告は使えるけど、関連コンテンツ広告は、まだ、使用できない人を対象とします。

 つまり、アクセス数がまだ少なく、googleアドセンスの解放条件を満たしていない人を対象とします。基本的には、ブログ初級者を対象とします。

 

自分も大した実績ではありませんが、今後の参考にしてください。

 

 -PR-

 

 

 

タイルスタイルの関連記事表示いいなぁ

 他の人のブログ記事を見ていると、たまに記事下に、タイルスタイルの関連記事表示がされているものがあります。

こういうやつ↓

 

■タイル表示a(サンプル)

イメージ01

※ ニコニコマーク部分は広告の部分です。

 

 このタイルスタイルの関連記事表示、おしゃれでいいなぁと思っていました。なんか所々に広告が埋まっているし、これもいいなぁと思っていました。

また、「タイルスタイルの関連記事表示はどうやるんだろう?」と思っていました。

 

 

タイル表示がアドセンス広告と知る

 この関連記事のタイル表示、ネットでよくよく調べてみると、アドセンス広告ということがわかりました。

 また、このタイル表示をしたいなら、ある一定のアクセス数を満たさないと、googleアドセンスから使わせてもらえないことも知りました。

 

 このある一定のアクセス数の基準を「解放条件」と呼んでいることも、ネットで調べて初めて知りました。

 アドセンスの関連コンテンツ機能は、一定のアクセス数を満たした人のみが使える、google先生のご褒美みたいなものだというのがわかりました。

 

 

僕の勘違いと関連コンテンツ機能の簡単な設定方法

 実際に関連コンテンツ機能が使えるようになるまで、僕は関連コンテンツ機能を勘違いしていました。

何らかの方法でタイル表示をして、タイル表示内の広告欄だけアドセンス広告を埋め込むのかなと思っていました。この考えは勘違いでした。

 

■タイル表示b(サンプル)

イメージ02

 

正解は・・

記事下にテキストの枠を作り、そこにgoogleアドセンスで生成された、関連コンテンツ広告のコードを張り付けるだけでした。

 

■イメージ

イメージ03

※ テキストの枠に関連コンテンツのコードを張り付ける

 

関連コンテンツ用の広告コード(ソース)を張り付けるだけで、あとは自動的に、広告と関連記事が入り混じったタイルスタイルの表示をしてくれます。

(仕組みについては、コピペしているだけなので、よくわかりません)

 

関連コンテンツが使用できるようになったら、まず、記事下にテキストの枠を作り、そこに関連コンテンツ広告のコードを張り付けるのがポイントです。

 

 

関連コンテンツって何?

 今まで説明したので、「関連コンテンツ」については、だいたい、わかってもらえたと思います。

簡単に言っちゃうと記事下のほうにたまに表示されている、関連記事と広告が入り混じって表示されたタイル形式のアレです。これね↓

 

■イメージ

イメージ04

 

さらに詳しく概要を知りたい人は、こちらのgoogleホームページの記事が参考になります。

 

[関連記事]
 → 関連コンテンツ機能について – AdSense ヘルプ
 → サイトで関連コンテンツ ユニットを利用できるかどうか確認する・・

 

あと一般的に言われているのが、関連コンテンツを使用すると広告の収益が10%上がると言われています。

まあ、関連コンテンツは、一定のgoogleアドセンスの基準をクリアした人が使えるご褒美といえます。

 

 

 

一般的な関連コンテンツの解放条件は?

 よく問題になりネットで話題になるのが、「関連コンテンツの解放条件は?」というものです。

これはgoogle先生が非公表としているので、誰も正確には分かりません。ただ経験者がこのくらいの数値ではないかというのは、よくネット上で載っています。

 

一般的には、アクセス数(PV)と記事数が関係あるのではないかと言われています。

自分が見た記事では、「月間PVが3万PVで、記事数が100程度あれば解放されます」みたいなのを読んだことがあります。

 

自分はこの記事を見たとき、「月間PVが1万PVはあるけど、月間PVが3万PVなんて一度もないよ。」、「まだまだ遠い先だな・・」と思ったことがあります。

また、「月間PVが15000PVくらいじゃない」というのも見たことがあります。これなら何とか届きそうと思いました。

 

自分がネットで調べた感想では、一般的にこのくらいの数値で関連コンテンツが解放されるのではないかと思います。あくまで憶測です。

 

 アクセス数(月間) : 15000~30000PV
 記事数       : 最低100記事程度

 

 ただ最近の感覚では、この数値よりもハードルが下がっているようにも感じます。

 

 

 -PR-

 

自分の場合の解放値

 自分の場合の解放値を話すと・・ (推測ですが・・)

 

サブドメインで2サイト運営しています。2サイトの1日の合計のアクセス数は、300~500PVといったところです。

2サイトの合計の記事数は400記事程度です。また、月間PVでいうと、12000~15000PVといったところです。

 

【2サイトの合算値】
 アクセス数(月間) : 12000~15000PV
 記事数       : 400記事程度
 サイト運営年数   : 3~4年

 

 自分の場合ですが、このくらいの数値で関連コンテンツが解放されたように思います。あとサイトの運営年数も関係あるのではないかと僕は思います。

 僕の場合、月間PVが多いとはいえません。ただ、サイト運営年数は3~4年しています。これも評価対象になったのではないかと思います。

 

 僕の印象としては、多少月間PVが少なくても、(多いに越したことはありませんが・・)、サイト運営年数が長いとそれなりに認めてくれるのではないかと思っています。

あくまで推測ですが・・

 

 

一般的な使用可能の確認方法は?

 一般的な関連コンテンツの使用可能の確認方法は、アドセンスの管理画面で知ることができるそうです。

 

[関連記事]
 → 関連コンテンツ機能について

 

 一般的には、アドセンスの管理画面のどこかで、このように表示されわかるそうです。

 

利用資格
・現在関連コンテンツ ユニットを利用できません
・関連コンテンツ ユニットを利用できます

 

 ちなみにですが、僕はアドセンスの管理画面をいろいろ見ましたが、このような表示をされているところを見つけることができませんでした。

それにより、判断ができず困りました。

(いまだに、どこを見ればよいのか分かりません・・) (ToT)/

 

 

4年かかってやっと関連コンテンツが使えるようになった

 僕の場合、googleのサイト審査に合格し、アドセンス広告を使えるようになってから、4年かかってやっと関連コンテンツが使えるようになりました。

正直、スローペースです。

 

 また、サーバーを2回引越ししているので、なんとも言えませんが・・。長かったです。

 

 

でも1年くらい前から使えたかも

 アドセンスの管理画面を開いて、トップ画面のこの辺りにgoogle先生からのお知らせやアドバイスが表示されるじゃないですか。

 

■イメージ(アドセンスの管理画面のトップ画面)

イメージ05

 

 このとき、1年くらい前から「関連コンテンツのお知らせ」の表示があったような気がします。

ただこのときは、何を言っているのかわからなかった。

 

もう少し疑問に思って深く調べていれば、1年前から関連コンテンツが使えたかも・・。そう考えると残念です。

 

 

僕が関連コンテンツを使用できるまでの手順

 いちおう、僕が関連コンテンツを使えるようになった手順についてご説明します。参考にしてください。

 

① アドセンスの管理画面を見ていたら、トップ画面のお知らせ欄に「関連コンテンツ」のお知らせがあるのに気づく

イメージ06

 

② ネットで関連コンテンツの利用可能の確認方法を調べる
 (ネットで下記の表示で利用可能かの判断ができることを知る)

 

利用資格
・現在関連コンテンツ ユニットを利用できません
・関連コンテンツ ユニットを利用できます

 

 

③ アドセンスの管理画面で、上記の表示がされているところを探すが見つからない

 

④ 上記の判断方法をあきらめる

 

⑤ 念のため、関連コンテンツの広告コードが生成できるのか確認してみる

 

⑥ 「新しい広告ユニット」の中に「関連コンテンツ」があるのを発見する

 

■イメージ

イメージ07

イメージ08

 

⑦ 試しに、「関連コンテンツ」の広告コードを生成してみる

 

⑧ 生成した広告コードをサイトに張り付けてみる
 ※ テーマやサイトの環境は人それぞれ違うので、うまく試してみてください。

 

⑨ タイル式の関連記事が表示された
 → このとき、関連記事と一緒に広告も表示されているのを確認する

 

⑩ やっと関連コンテンツが使用できるようになった

 

これが、関連コンテンツを使用できるようになった僕の一連手順です。

ここでのポイントは、アドセンス広告の「新しい広告ユニット」に「関連コンテンツ」の項目があることが大事です。ここがポイントです!

 

またさらに「関連コンテンツ」のコードが生成できれば使用できるのがわかります。これで、「関連コンテンツ」が使用できるかの判断材料になります。

 

 

関連コンテンツが表示されたとき感動した

 今までgoogle先生とのやり取りの中で、いくつか感動がありました。

googleの審査に合格して、サイトに広告コードを張り付けて初めて広告が表示されたとき。また、広告の報酬が1000円を超えてpinの封書が家に届いたとき。

これらは感動しました。

 

そして、関連コンテンツの解放条件をクリアして、関連コンテンツの広告コードをサイトに張り付けて、初めてタイルスタイルの広告が表示されたときも感動しました。

これらは本当に感動しました。

 

 

google先生にちょっと認められてうれしい

 サイト運営をしていて、googleアドセンスをしているけど、アクセス数が少ない人にとって、関連コンテンツの解放条件クリアは至難の業です。

ハードルが高く感じます。それをクリアできたので、個人的にはうれしいです。また、さらにgoogle先生にいちおう認められたのかなとも思っています。

 

 

あきらめないで!

 自分は3~4年かかって、やっと関連コンテンツの解放条件をクリアしました。そして、関連コンテンツが使用できるようになりました。

 僕と同じようにアクセス数が少ない人はつらいと思います。

 

でも腐らずに、コツコツとサイト運営をしていけば、少しづつアクセス数が伸びていきます。そして、いつかは解放条件をクリアできます。

 

あきらめないで

 

僕は言いたい。「あきらめないで!」と・・
そうすれば、少しづつ道は開けます。

 

 

まとめ

 関連コンテンツの広告を自サイトで表示するのは、前からの目標でした。

そして長い時間はかかったけど、やっと関連コンテンツの解放条件をクリアし、広告を表示することができました。

 

この記事が、今後のブログを始めた人の参考になればと思います。

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい

 

タイトルとURLをコピーしました