【ジオグラ】トラックしたルート情報をgoogleマップに落し込む方法

トレッキング スマホアプリQA

トレッキング

 ジオグラフィカでトラックした情報をgoogleマップに反映したい。そんなことはありませんか? そこで今回は、KMLファイルを使ってジオグラフィカでトラック記録した情報をgoogleマップに落し込む方法について説明します。

 

googleマップに落し込むポイントは・・

 ジオグラフィカでトラックした情報をgoogleマップに反映するには、KMLファイルをうまく利用するのがポイントです。

 

 -PR-

 

 

KMLファイルとは

 ググってみたら、以下となります。

 

KML(Keyhole Markup Language)とは,Google Earthによって広められた,XMLファイルの一つです。 ZIPで固めて圧縮したものがKMZファイルです。

引用:Google Earth

 

 要するに、マップ上の座標を記録したファイルとなります。

実際に、KMLファイルをテキストエディターで開いてみると、数字の羅列なのが、わかります。

 

KMLファイルとは、そのようなものです。

 

 

手順

地図と羅針盤

 それでは、ジオグラフィカでトラックしたルート情報をgoogleマップに落し込む方法について、ご説明します。

 

 

【その1/ スマホ作業】

 

① スマホで「ジオグラフィカ」アプリを開く

イメージ1-1

 

② 「メニュー」をクリックする

イメージ1-2

 

③ 「ファイル」をクリックする

イメージ1-3

 

④ 「トラック」をクリックする

イメージ1-4

 

⑤ 送りたいトラックをタップしてチェックを付ける

イメージ1-6

イメージ1-7

 

⑥ 画面下部の「チェックボタン」をクリックする

イメージ1-8

 

⑦ 「KMLメール送信」をクリックする

イメージ1-9

 

⑧ 宛先を選択してメールを送る

イメージ1-10

イメージ1-11

(+マークをクリックして宛先を選択する)

(ちなみに僕は、プロバイダーのメールアドレスに送り、パソコンでKMLファイルを取得するようにしています)

 

⑨ これで、スマホ作業は完了です

 

 

【その2/ パソコン作業】

 

① 自分が使っているメーラーを開く

イメージ2-1

 

② メールに書かれている、トラック情報をテキストファイルに保存する

イメージ2-2

(これは、個人個人の好みです。省略可能です)

 

③ メールの添付ファイル(KML)をパソコンに取り込み保存する

イメージ2-3

 

④ これで、パソコン作業は完了です

 

 

【その3/ googleマップ作業】

 

① googleマップを開き、ログインする

 

② マイマップを開き、新規の地図を作成する

 

③ 地図のタイトルを入力する

イメージ3-1

 

④ インポートをクリックする

イメージ3-2

 

⑤ 「アップロード」、「デバイスのファイルを選択」をクリックする

イメージ3-3

 

⑥ エクスプローラーが開くので、目的のファイルを選択する

 

⑦ データがアップロードされる

 

⑧ googleマップにジオグラフィカのKMLデータが取り込まれる

イメージ3-4

 

⑨ これで、googleマップのインポート作業は完了です

 

 

 -PR-

 

ご活用ください

 ジオグラフィカのトラック情報をgoogleマップに落し込みたい。そんなときは、この記事をご活用ください。

 

 

まとめ

 僕はたまに、ハイキングや山登りをして、ジオグラフィカでトラック記録したルート情報をgoogleマップに反映したいときがあります。

 そこで、備忘録のために、この記事を書きました。この記事が僕だけではなく、みなさんのお役に立てばと思います。

 

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい

 

タイトルとURLをコピーしました