迷惑メールはBCCで送信してるって知ってた?それがわかった体験談

シドニー 迷惑メール

経歴15年の元IT技術者。

2020年で、ブログ歴7年目のシケポンです。

 

Twitterアカウント: フォロワー数は400人以上

 

 迷惑メールって、BCCで送りつけてるの知ってた? 僕は、そういう体験をしました。そこで今回は、迷惑メールの手口について考えてみます。

 

 

この記事を書いた理由

ペン

 この記事を書いた理由は、迷惑メールって腹が立つじゃないですか。迷惑メールって送られてきただけで、自分の時間がムダになるし・・

 

 そこで、相手(詐欺グループ)の手口を知っておくのも重要かと思いました。

僕だけではなく、迷惑メールの仕組みを一般の人にもシェアーしたいと思い、この記事を書きました。なので、参考にしてください。

 

 

本当に迷惑メールは、自分の時間が無駄になるので、送られてきただけで腹が立つ

 

 

 -PR-

 

BCCって知ってる?

はてな女性

 みなさんは、BCCって知ってますか? まあ、この記事を読んでいる人は知っていると思うけど・・ (なんとなく・・)

 いちおう、BCCについて説明しておきます。

 

 一般的に、1つのメールを複数の人に送信したいとき、CCを使います。そうすると、1つのメールを複数の人に送れます。

 しかし、CCだとメールを受け取った側の差出人に、送った人全員のメールアドレスが表示されてしまいます。

 

■CCのイメージ図

送信1

メール1

 

 これ、送信側が送ったメールを、その人だけに送ったように見せたいとき困ります。

 

そこで、これを解消するのがBCCです。

BCCで1つのメールを複数の人に送信したとき、メールを受け取った側の差出人には、その人のメールアドレスしか表示されません。

 

そのため、メールを受け取った側は、その人にだけに送られたような感覚になります。

また送りて側も、複数人に送ったことをわからせないので便利です。

 

■BCCのイメージ図

送信1

メール2

 

一般的に、ビジネスの場でCCとBCCは使い分けしたりしています。

 

 

ビジネスでBCCを使ったことがある

 僕は、相手会社のお客さんだけにメールを送ったふりをしながら、上司にも同じ文面をBCCで送っていたなんてこともあります。

 普通、BCCを使うのはビジネスのときです。僕は、ビジネスでBCCを使った経験があるので、BCCの用途は知っていました。

 

 そして、CCで間違えて送信しやすいことも知っていました。

 

 

僕はso-netのプロバイダーメールを長年使っています

 僕は、インターネットをやり始めたころ、so-netのプロバイダと契約しました。

その延長線上で、昔からプロバイダーメールはso-netのメールを使っています。
 そして、長年使っています。

 

今はプロバイダーメールはso-netを使っていて、プロバイダーはyahooBBに変更したけど・・

 

 皆さんもご存知の通り、so-netは顧客流出事件がありました。この影響で、僕の顧客情報が洩れ、迷惑メールが頻繁にきているのだと思います。

 

参考記事
 →1万8000以上のメールアカウントに不正アクセス、So-netにリスト型攻撃か

 

 何年前か忘れましたが、その当時、so-netの顧客情報流出ニュースがあったとき、

so-netから「メールアドレスの変更をお願いします」みたいな、お願いがあったことがあります。

 

 僕は結局、メールアドレスの変更をしなかったけど・・

 たぶん、so-netの内部から顧客情報が流出したと思います。そして、僕の個人情報も・・。この影響で、最近は迷惑メールが頻繁にきているのだと思います。

 

悲ピー

 

僕に迷惑メールが頻繁にくる理由は、こんなところだと思います。

 

 

ccで迷惑メールが送られてきたときの実例

 それでは、本題のccで送られてきた、迷惑メールの体験についてお話しします。

あるとき、メールをいつものようにチェックしていました。

 

 そしたら、例のごとく怪しいタイトルのメールが・・

「あーあ、また迷惑メール来たのね」。「いちおう内容を確認してみるか」と思いメール内容を確認してみました。

 

 メール内容を確認してみて、明らかに迷惑メールでした。でも、ちょっと気になることがありました。それは差出人のところでした。

 

■イメージ図

メール3

 

 差出人のところに、僕のso-netのメールアドレスものっていたのですが、それ以外に、見知らぬ人のso-netのメールアドレスも複数人のっていました。

 「ん? これ何だろう?」と思いました。最初は意味がわかりませんでした。

 

 でも、よくよく考えてみて、「あーあ、これBCCとCCを間違えて送信したんだな」と気づきました。

 そして、迷惑メールを送りつけている詐欺グループは、いつもBCCで迷惑メールを送り付けていることもわかりました。

 

この迷惑メールがきたとき、「こいつアホだな」と思いました

 

まあ、この一件で迷惑メールはBCCで送っていることが判明しました。

 

そういえばこのとき、10~15人くらいが、BCCを送りつける、ひとグループの単位になっていました

 

 

BCCで迷惑メールを送るのは当たり前

 相手側(詐欺グループ)からすれば、BCCで迷惑メールを送りつけるのは、当たり前だと思います。

 なぜなら、カモにしたい人、騙したい人に対し、一人ひとり違う文面で送りたくないからです。

 

それは、面倒だからです。万人が読んでも共通するメールを1つ作り、それをBCCで複数人に送信するのは一般的だと思います。

このほうが手間が省けるから。差出人を変えるだけでよいし。

 

ここで、有効になるのがBCCだね。だましたい人だけに個別で送ったような感覚にしたいからね

 

■イメージ図

送信2

 

詐欺グループのミスで、迷惑メールの手口がわかりました。

 

 

まとめ

 本当に迷惑メールは頭にくる。でも、そんな迷惑メールの仕組みや手口を知っておくのも、知識としてよいと思います。

 そんなこともあり、今回、僕が経験したことを記事にしました。参考になればと思います。

 

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい

 

タイトルとURLをコピーしました