iphoneのバッテリーの減りが異常に早い!その症状と対応策

iphone

(階層カテゴリ:iPhone/バッテリー)
●おすすめ度:80%
投稿日 15/09/27    更新日 18/08/09
 
 
 最近、iphoneのバッテリーの減りが異常に早い。iphoneは3年近く使っているのでしょうがない部分もある。やはりバッテリーの劣化が原因だろうか。そこで今回は、そんな症状と原因、そして対応策を考えてみます。
 

 

iphoneのバッテリー異常消耗

 今回のこの記事は、自分が数年前に使用していたiphone5のバッテリー異常消耗についての体験記事です。

 機種としては古いですが、バッテリー異常消耗の症状については、どの世代の機種でも同じと考えます。

 

なので、iphoneのバッテリーが異常消耗しているときの参考にしてください。 

 

[2018年8月 追記]

 

 

 -PR-

 

 

現象

 iphone5を使って約3年。今までは就寝中に充電して、朝100%の充電状態にすると、1日なんとか持っていました。

でも最近、日中にiphone5を使っていると突然、画面がブラックアウトになり70%くらいあった充電が10%くらいになってしまう、不具合が発生するようになりました。

 

3年使っていたのでバッテリーの劣化、または故障だと思いますがiphone5が思うように使えず困りました。

 

 

参考情報

自分がその当時、使用していてバッテリーがおかしくなったときの参考情報です。

 

当時: 2015年9月
機種: iphone5
利用: 3年前にiphone5を購入。それから3年近く使っている
ios: 最新のをよく更新している

 

 

バッテリー異常消耗の原因

自分が考えるバッテリー異常消耗の原因を上げてみます。

 

(1) 3年くらい使用しているので本体自体の劣化、またはバッテリーの劣化
(2) 古い機種と新しいiosとの不整合
(3) その他

※ (1),(2)の場合は仕方ないので買い換えるしかないです。
※ 諦めがつけば、無理して使うよりも新機種に買い換えたほうがよいと思っています。

 

 

 

iphoneの日常の使い方

 日常のiphoneの使い方として、自分はネットゲーム、ソーシャルゲームは、まったくやりません。1日3回ある休憩時間(15分)にネットを見たり、メモを書いたりする程度です。

(普通に考えればヘビーな使い方はしていません。むしろやさしい使い方だと思います)

 

 

 

バッテリーの減り具合症状

iphone5を新規購入してから、3年経過したときのバッテリー状況を細かく書いてみます。

 

[以前] 使用して1~2年目

 

① 寝ているときに充電して、朝100%の状態

② 仕事に行き、15分休憩3回あるときに、毎回、インターネットを見たり、メモを書いたりする

③ 残量は20~30%くらいになるが、何とか1日充電せずにもっていた

 

 

 

[最近] 使用して3年目

 

① 寝ているときに充電して、朝100%の状態

② 仕事に行き、15分休憩3回あるときに、毎回、インターネットを見たり、メモを書いたりする

残量は50%くらいあるのにインターネット(safari)を見ていると、突然ブラックアウトになり、その後、充電メッセージが表示される
(残量残り10%、20%の表示が促されない)

④ 充電器で補充すると、またそれなりの残量になり一応使えるようになる。しかし、落ちたり補充したりを何回も繰り返す

⑤ 充電器で補充して、だましだましで1日なんとか使える。でもイライラする

⑥ 1日ぜんぜんもたない。バッテリーの減りが異常に早い。

 

■充電メッセージは、こういうやつです(イメージ)

 

 

 

 

よく落ちる現象

 よく落ちる現象としては、インターネット(safari)を見ていると、よく突然落ちます。safariが、何らかの悪さをしているかもしれません。

でも雰囲気からして、やっぱりバッテリー劣化だと思われます。詳しい原因は不明です。

 

 

 

インターネットで情報を集める

 バッテリーの減りが異常に早い原因を一応、ネット上で調べてみました。その中に面白い記事がありました。この記事、参考になります。一読をオススメします。

 

 → iPhoneのバッテリーが減りすぎる問題解決! これが理由だった

 

こちらの記事、大まかにいうとiphoneを出荷時の状態、初期化するとバッテリーの減りがよくなるのではないかというものでした。確かに一理あると思いました。

 

 

iphoneの初期化(出荷時状態)

 上記の記事にならって、iphoneの初期化(出荷時状態)をしてみました。でも、結果はブラックアウト現象は直りませんでした。

 このことから、まずバッテリー劣化と思いました。

 

 

 

いろいろな対応

 インターネットでバッテリー異常消耗の情報を集め、また自分で仮説を立てて、一応自分なりに、バッテリーの異常消耗を改善するためにいろいろなことを試してみました。

いろいろ試しましたが結局、バッテリーの異常消耗は直りませんでした。

 

(やるだけやったので諦めました。もう悔いはありません。バッテリー劣化と諦めました。素人で、これだけやれば十分です。

また、初期化も初めてやったので勉強になりよかったと思っています)

 

一応、参考記事が以下になります。やるだけやってみたい方はこちらをご参考にしてください。またこれをやると、iphoneの勉強にもなります。

 

→ 【iPhone】バッテリー異常消耗または重たい!そんなときの正攻法な対処法① (基礎編)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

最終的に

 最終的にいろいろやりましたが、バッテリーの異常消耗の原因については不明でした。たぶん単純にバッテリーの劣化だと思います。

 

 バッテリーのみの交換は面倒です。それに、そこまでしてまで今のiphoneを使う必要もないと思いました。

諦めがついたのでタイミングを見て、今の新機種に買い換えたいと思いました。

 

 -PR-

 

 

結果的に最終的に・・

iphone5が突然ブラックアウトになるようになってから、そのつど充電器で補充してだましだまし使っていました。

最終的には、ブラックアウトの症状がでるようになってから、2~3週間後にiphone5が完全に壊れ電源が入らなくなってしまいました。

 

 

参考記事

iPhone!ブラックアウト現象を無理して使っていたら電源が入らなくなった事例(逝きました)
スマホ(iPhone)を長く使っていると、どうしてもバッテリーが劣化し、ブラックアウトになりやすくなります。そこで今回は、ブラックアウト現象の事例と対応策について考えてみます。

 

 

結果的にはバッテリーまたは本体の劣化でした。(たぶんバッテリーの劣化だと思うけど)。そして新機種(iphone6s)の購入をしました。

 

 

個人的な感想

 僕の場合は、ブラックアウト現象が出てから、だましだましiphoneを使っていました。でも、挙句の果てには電源ボタンを押しても反応しなくなってしまいました。

iphoneが完全に壊れ終わりました。

 

iphoneの買い取りは、電源が入るのが条件です。

なので個人的な意見ですが、iphoneでブラックアウト現象が出たら、電源が入るうちに、まずバックアップを取りましょう。そして、すぐ新機種に乗り換えましょう。

 

これが無難です。電源が入るうちはiphoneを店頭で買い取ってくれます。少し費用の節約ができます。

なので、iphoneでブラックアウト現象がでたらすぐ、新機種に乗り換えましょう。それが僕からの経験者のアドバイスです。

 

[2018年8月 追記]

 

 

教訓

今回の件で、iphoneは精密機械なので2~3年おきに買い替えが必要なのかなと思いました。

ある程度の年数で不具合が発生したのであれば、買い換えて最新機種を使ったほうがよいと思いました。

 

 

まとめ

iphoneが突然、ブラックアウトするようになったら・・。そして僕が経験したような感じと似ていたら・・。

そのときは、残念ですがバッテリーの劣化です。今使っているiphoneはあきらめ、早く新機種に乗り換えましょう。

 

それが得策です。この記事が、iphoneのブラックアウトで、お悩みの方の参考になればと思います。

 

 

 

【合わせて読みたい記事】

iphoneのトラブル関連の人気記事です。オススメです。

iPhoneの誤作動でメモ帳アプリが消えた!精神的ダメージと対処法
iPhoneの誤作動により、アプリが突然、消えていることがたまにあります。そんなときは泣きが入ります。そこで今回は、iPhoneの誤作動による、アプリ自然消滅の防止策について考えてみます。
解決!「App Storeに接続できない」の原因がしょぼかった体験談【iPhone】
iPhoneを使っていて時々なる現象。「App Storeに接続できない」不具合。これ困ります。そこで今回は、この不具合を解決した苦労話についてお話します。

 

 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
おしまい
 

タイトルとURLをコピーしました