【iphone】iosアップデート作業が1ステップになり便利になった(2020年版)

アンティーク iphone

経歴15年の元IT技術者。

2020年で、ブログ歴7年目のシケポンです。

 

Twitterアカウント: フォロワー数は400人以上

 最近(2020年ころ)、iphoneのiosアップデートが2ステップから1ステップに変わりました。便利になりました。そこで今回は、iphoneのiosアップデートについて考えてみます。

 

 

昔のiosアップデートは2ステップだった(2020年以前)

オランダの街並み

 2019年頃までは、iosのアップデートを手動ですると2ステップでした。

 

ステップ1/
 ・iosダウンロードの画面選択
 ・iosダウンロードの実行
  ↓
ステップ2/
 ・iosインストールの画面選択
 ・iosインストールの実行

 

これ面倒でした

 

 -PR-

 

ダウンロード後のインストール確認画面がイラつく

部屋のインテリア

 iphoneのiosアップデートで、まず、ダウンロード作業をする。これが、20分くらいかかる。

 次のインストール作業で「はい」、「いいえ」の選択があるので、20分くらいダウンロードが終わるのを待つ。

 

 ダウンロードが終わったのを確認して、インストールするために「はい」、「いいえ」の選択をして、ようやくインストールが実行される。

 インストールも20分くらいかかる。これって、30~40分くらいiphoneを見ていないといけないので面倒くさかった。

 

 毎回、iosアップデートは、長い時間、iphoneに束縛されるのでイラっとしていました。

 

怒り

 

 「なんで、ダウンロード後のインストール確認画面があるのかな?」
 「これのためにダウンロードが終わるのを見ていないといけない」
 「iosのアップデートするの決めたのだから、インストールの確認画面なんて必要ないんじゃない」
 「ダウンロードとインストール、同時にやっちゃえばいいじゃん」
 「面倒くさいな」

と思っていました。

 

 

2020年ころからiosインストールが1ステップになった

指さし少女

 2020年になり、またiosアップデートのサイン。

 

設定アプリ

 仕方ないので、「iosのアップデートするか」と思い実行しました。

 

 iosダウンロードの画面選択をして、ダウンロードが終わるのをパソコンをしながら待っていました。

 

 そうしたら、インストールの確認画面は出てこず、iosのアップデートが勝手に終わってました。

 このとき初めて、「iosのアップデートは、インストールの確認画面は出てこず、2ステップから1ステップに作業が変わったんだ」と思いました。

 

 インストールの確認画面がなくなり、1ステップ作業になり、便利になったと思いました。

 

 

2020年前後でのiosアップデート作業の比較

 2020年前後でのiosアップデート作業の比較をしてみます。

 

[2019年くらいまでのiosアップデート作業]

ステップ1/
 ・iosダウンロードの画面選択
 ・iosダウンロードの実行
  ↓
ステップ2/
 ・iosインストールの画面選択
 ・iosインストールの実行

 

[2020年以降のiosアップデート作業]

ステップ1/
 ・iosダウンロードの画面選択
 ・iosダウンロードの実行
 ・iosインストールの実行

(appleさん、iosのアップデート、最初からこうやれよ!)

 

 

結論/iosアップデートが楽になった

 2020年ころから、手動でiosアップデートをするとき、iosのアップデートが2ステップから1ステップになり、アップデート作業が楽になりました。

 このため、最初にダウンロード作業まで画面選択をすれば、あとは自動的にアップデートが完了するようになりました。

 

 わざわざ、ダウンロードが完了したのを確認する必要がなくなりました。煩わしさがなくなりました。

 

 

まとめ

 今までiosのアップデートは2ステップだったので面倒くさいなと思っていました。でも2020年頃から1ステップに変更になりました。

 このため、iosアップデート作業が楽になりました。気づいたことなので備忘録に残しておこうと思いました。この記事が読者の役に立てばと思います。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい

 

タイトルとURLをコピーしました