iPhone!ブラックアウト現象を無理して使っていたら電源が入らなくなりました(逝きました)

(階層カテゴリ:iPhone/故障)
●おすすめ度:80%
投稿日 15/10/07   更新日 18/08/10
 
 

 
  スマホを利用しているみなさん、スマホ(iPhone)の不調は突然やってくるものです。でもその不調がハード的なものなのか、ソフト的なものなのかが素人には分からない。そこで今回は、私のハード障害(劣化)の事例をご紹介します。なお事例の機種は私が利用しているiPhoneとします。(参考にして下さい)

どの世代の機種も一緒

 今回のお話は、iphone5のブラックアウト現象についての体験を書いています。機種はどんどん進化しますが、ブラックアウト現象については、みな同様の症状になると考えます。

なのでブラックアウト現象の参考にしてください。

[2018年8月 追記]

iPhone5の不調の始まり

 2015年9月、iPhone5を使って約3年。9月上旬に突然iPhoneの調子がおかしくなった。

それまで普通に使えていたのに、ネット(Safari)をみていると電池の残量が50~70%はあるのに、突然、画面が真っ暗、ブラックアウトになる。

そのあと、バッテリー補充のメッセージが出るようになった。

充電器で補充すると、しばらくしてから残量がまた50~70%に戻り使えるようになる。

でも、しばらく使っているとまた、ブラックアウトになり、バッテリー補充のメッセージが出る。

なぜか、ネットを見ている時に限り、ブラックアウト現象がよく起こる。バッテリーの劣化が原因のような気もするが、Safariの不具合も考えられる。

大変使いにくいが、充電器で補充すると使えたので、しばらくだましだまし使っていました。

■画像 補充メッセージ

1509b_1.JPG

ブラックアウト現象とは

 私のいっているブラックアウト現象とは、電池の残量が50~70%はあるのに、突然、画面が真っ暗、ブラックアウトになる。

そのあと、バッテリー補充のメッセージが出るようになる現象です。そして、何度も充電しても直ぐ、ブラックアウトになってしまう現象のことです。

ショップに相談

ショップに行き、現象を話したら「劣化ですね」と言われました。ついでに、色々なことを話しました。

タイミング

 iPhone5がおかしくなった時期がよいのか悪いのか、2015年9月上旬。そして、iPhone6sの新発売が2015年9月下旬。

別にすぐ買い換えてもよかったのだけど、どうせなら新機種iPhone6sが発売される9月下旬まで我慢しようと思いました。そして、だましだまし使っていました。

 -PR-

いろいろ試してみる

 現象からみると、バッテリー劣化のように思われる。しかし、ソフトやios、Safariの不具合というのも少しは考えられる。

そこでせっかくなのでこの際、いろいろやってみようと思いました。バックアップはiTunesでたまに取っていたけど、一回も復元したことがなかった。

なので、初めて復元をやってみました。うまく出来ました。また、下記も試しにやってみました。

 ・iPhoneの初期化
 ・iPhoneのキャッシュクリア
 ・Safariのバージョン確認
 ・iosのバージョンアップ (8.4.1 → 9.0)
 ・Safari以外のブラウザの使用

 全てやってみたのですが、ブラックアウト現象は直りませんでした。ここまでやれば十分です。劣化と諦めました。

ハヤブサのように燃え尽きた

 iPhone5の調子が悪くなったのが2015年9月上旬。そして、iPhone6sの新発売が2015年9月下旬。9月上旬から下旬まで、いろいろなことをやりました。

復元やiPhoneの初期化、キャッシュクリアなど。そのつど何とか持ちこたえてくれました。iPhone6sの発売日まで、充電器で補充してだましだまし使っていました。

そして、自分の使命を果たし、iPhone6sの新発売の数日後に私のiPhone5は燃え尽きました。いくら充電しても充電されず電源が入らなくなりました。

それは、人工衛星のハヤブサのようでした。お勤めご苦労様でした。さよなら私のiPhone5。

ブラックアウトの期間

 ブラックアウトの現象が出始めてから、充電を何回もまめに繰り返し、だましだまし使っていましたが、2~3週間で完全にiPhoneが壊れて電源が入らなくなりました。

今後の人の目安になると思います。参考にして下さい。

 -PR-

おかしくなったらバックアップをすぐ取ろう

 iPhoneが壊れて怖いのがデータ消失です。これが一番ダメージが大きいです。少しでも、iPhoneがおかしいと思ったら、すぐバックアップを取るのが賢明です。

ブラックアウト現象の場合は少し猶予があるので、その間にバックアップは取っておきましょう。

今回の場合、私はブラックアウト現象が出てからバックアップを取りました。

そして、そのバックアップデータをiPhone6sで復元しました。ダメージが少なくてよかったと思っています。

ちょっと痛い代償

 今回は、新機種iPhone6sの発売を待ってから買い換えようという目的がありました。なので、ハードまたはバッテリーの劣化と思っていても、買い換えを延ばしていました。

そして、iPhoneが完全に壊れ電源が入らなくなりました。この代償として、機種変更下取り、または、乗り換え下取りが適用できなくなりました。

月々1000円の割引損失は痛いです。でも、今回の場合は諦めています。

今後は、正常に動作しているうちに、機種変更、または乗り換えをして下取りの恩恵を受けたいと思います。

この記事を読んでいる方も壊れるまで使うよりは、正常動作しているうちに買い換えたほうがよいと思います。

また、下取りの条件は各携帯会社で違うようなので個人で調べてみて下さい。

ブラックアウト現象の対処

 ブラックアウト現象が出始めたら、まず、バッテリーの劣化で間違いないと思います。早めにバックアップを取り、早めに機種変更して対応しましょう。

参考記事

→ iphoneのバッテリーの減りが異常に早い!その症状と対応策

まとめ

 今回使っていたiphoneがバッテリー劣化により、ブラックアウト現象が多発しました。せっかくなので記事にまとめました。

スマホでブラックアウト現象が起きている人の参考になればと思います。

【合わせて読みたい記事】

iphoneでよくあるトラブル記事です。オススメです。

iPhoneの音楽をイヤホーンで聴いていて曲が途中で途切れる原因
iPhoneの音楽をイヤホーンで聴いていて何回も曲が途中で途切れる。今回はその原因について考えてみます。
【iPhone】「App Storeに接続できない!」でも意外にしょぼかった原因
iPhoneを使っていて時折なる現象。「App Storeに接続できない」不具合。、最終的な原因は意外にしょぼかった・・・。今回はそんな寄り道ばかりしてきた苦労話です。

 
●いろいろ書きましたがiPhoneのブラックアウト現象の参考になればと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 
おしまい
 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク