Thunderbirdに寄付しようとしたけど複雑であきらめた話【メーラー】

サポート メール(全般)

経歴15年の元IT技術者。

2020年で、ブログ歴7年目のたかぴろ☆です。

 

Twitterアカウント: フォロワー数は400人以上

 メーラーThunderbirdに寄付しようとしたけど、寄付方法が複雑すぎてあきらめた・・。そこで今回は、Thunderbirdの複雑な寄付についてご説明します。

 

この記事の主な対象者

ロンドンの街

 この記事の主な対象者は、以下とします。

 メーラーは普段、Thunderbirdを使っていて、お世話になっていると感じている人。そして、寄付をしたいと考えている人。

 

 -PR-

 

メーラーThunderbirdは使いやすい

アッドマーク

 2018年にパソコンを新規購入して、またosをWindows10にしました。

それに伴い、プロバイダーメールの送受信メーラーとしてThunderbirdを使うようになりました。

 

[関連記事]
 → Windows10の標準メールは使いにくい!代わりとなるおすすめメーラーソフトのご紹介

 

 数年、Thunderbirdを使っているけど、昔のWindows liveメールのようにシンプルで使いやすい。

メーラーとして使いやすく気に入ってます。

 

ビジネスマン(イラスト)

 

Thunderbirdに寄付しようと考えた

考える人

 メーラーThunderbirdはここ数年、お世話になっています。シンプルで使いやすいメーラーなので、とても重宝しています。

 しかも、基本的に無料で使えるし・・。

サンダーバードicon

 

でも僕としては、いつまでもThunderbirdが存続し、長く使い続けたいと思いました。

そこで、少額ですが「Thunderbirdに寄付しよう」と考えるようになりました。

 

僕の中では、1回1000円程度寄付しようかと考えていました

 

 

ここでThunderbirdの寄付についての結論

 今回は、ここで結論を言います。
Thunderbirdへの寄付についての結論なのですが・・

 

Thunderbirdの寄付方法は複雑なので寄付しないほうがよい。

または、

複雑な思いまでして寄付する必要はない。

 

という結論に至りました。
その詳細についてこれから、詳しくお話ししていきます。

 

あくまでこの結論は、僕個人の結論です

 

 

Thunderbird寄付の参考記事

メガネと本

 まず、以下のThunderbird寄付に関する参考記事を一読することをオススメします。この記事を読むとThunderbird寄付の基本知識が身につきます。

 

[参考記事]
・寄付で使ったカードに制限がかかった! | Eitoの兄貴のブログ
・サンダーバードメールの寄付にpaypal決済を使った話です。
・アドオンの作者にpaypalで寄付…日本からは出来ない

 

 

Thunderbird寄付の基礎知識

 Thunderbird寄付の基礎知識をまとめました。

 

① Thunderbirdは米国産

 ネット上の情報ですが、Thunderbirdは米国産です。なので、基本的にアメリカ人を対象としています。

そして、寄付の対象もアメリカに住むアメリカ人を主な対象としています。

 

② 2種類の寄付方法

 日本からのThunderbirdへの寄付方法は2種類あります。

(1) マスターカード(Mastercard)または、Visaカードによる寄付
(2) PayPal(ペイパル)による寄付

 Thunderbirdは米国のため、日本から寄付する方法は、国際的に有名なクレジットカードを使うか、国際的に定評のあるオンライン決済サービスのPayPal(ペイパル)を使うかの2種類しかありません。

 

③ 寄付の金額や回数

 Thunderbirdの寄付の金額や回数についてですが、寄付画面を見れば一目瞭然です。

 

■Thunderbirdの寄付画面(Web上)

寄付画面

 

寄付の回数については・・

・1回のみ
・毎月

 

寄付の金額については・・

・ \340
・ \560
・\1,120
・\2,240
・その他の金額

 

となっています。

 

なんかけっこう良心的ですね

 

以上が、Thunderbirdの寄付に関する基礎知識です。

 

 

Thunderbirdの寄付画面を表示するには?

 Thunderbirdの寄付画面を表示するには、赤枠をクリックすれば寄付画面が表示されます。

■参考画面

サンダーバード画面

 

この画面、Thunderbirdを開くと表示されます。見覚えあると思います

 

 

その1/ PayPal(ペイパル)での寄付を考えた

 国際的に定評のあるオンライン決済サービスのPayPal(ペイパル)。ちなみにPayPal(ペイパル)の本部はシンガポールです。

 実は僕、1度だけPayPalを使ったことがあります。それは、どうしてもある有名ブロガーのオンライン授業の会員になりたかったからです。

 

 有名ブロガーの受講等でPayPal支払いは多いです。そんなこともあり僕は、PayPal(ペイパル)に登録して利用したことがあります。

 PayPalで受講料を数ヶ月支払ったことがあります。

 

国際的に有名で定評のあるオンライン決済サービスのPayPal(ペイパル)なので、利用していて特に変な不具合とかはありませんでした。

 ただし、基本的にカード支払いは日本で有名なクレジットカード会社を利用して支払っています。

 

 PayPal(ペイパル)は国際的に有名ですが、僕は海外に送金などもすることはありません。

また、有名ブロガーの受講をやめてからはPayPal(ペイパル)の利用はなくなりました。

 

日本の一般人には、あまり国際的に有名なPayPal(ペイパル)の利用は少ないかと思います。

普段のカード支払いであれば、国産のクレジットカード会社利用で十分かと思います。

 

そんなこともあり、利用用途がなくなってしまったためPayPal(ペイパル)は解約しました。

 

(ムダに登録しておいても、不正利用とかされると困るから)
(それに使わないものを取っておいても厄介だし)

 

 まあ、何が言いたいかといえば・・
僕個人の意見ですが・・

 

PayPal(ペイパル)をよく利用する人は、PayPal(ペイパル)での寄付はありかなと考えます。(安全だし)

一方・・

PayPal(ペイパル)がわからない人、知らない人、利用したことがない人は、PayPal(ペイパル)での寄付は不要かと考えます。

 

ただ、国際的に有名なオンライン決済サービスのPayPal(ペイパル)はどんなものかな?と思っている人は、PayPalに登録して寄付してみるのもアリかと考えます。体験的にね。

 

 僕の場合、PayPalの再登録は面倒くさいし、利用用途もほぼないので、PayPalでの寄付はやめました。

 

 

その2/ 国際的に有名なクレジットカードでの寄付を考えた

 マスターカード、もしくはVisaカードは世界的に有名なクレジットカードです。海外旅行をするときは、どちらかを持っていたほうが便利。

 

 昔は海外旅行も行くことがあったので、いちおう持ってはいたのですが、最近は海外旅行はしないし、

カードを持っているだけで年間手数料が発生するので、解約しました。

 

 カード自体は、両方世界的に有名なクレジットカードなのでよいと思います。今回のThunderbirdの寄付で、カードを新規に作り、寄付しようかとも考えました。

 

 ただし、参考記事の中である内容が目にとまりました。それは・・

「マスターカード、もしくはVisaカードでThunderbirdに寄付したけど、そのあとからカードが不正使用扱かいされた」という内容を読みました。

 

 確かにこのケースは考えられます。海外への寄付なので、なんらかにより、個人情報が洩れてしまった可能性があります。

 善意で寄付したのに、そのあとからカードが不正利用扱いとは考えものです。

 

この内容の記事を読んで、「海外へのネット上の寄付は、いくら世界的に有名なクレジットカードでも、個人情報の漏洩はあり得るな」。

また、「そこまでして寄付する必要もないかな」と思いました。

 PayPal(ペイパル)の場合は、クレジットカード会社と送金先の間に入り、個人情報が相手にわからない仕組みになっています。そのため、安全と言えます。

 

 しかし、一般的なクレジットカードは相手先に個人情報がわかってしまいます。

いろいろな観点からいっても、国際的なweb上での送金(寄付)は、いくら国際的に有名なクレジットカードでも、危ない部分があるのかと思いました。

 

(注意点なのですが、Thunderbirdが悪いと言っているのではなくて、送金途中で情報が漏洩する可能性があるということです)

 

 

その3/ 2種類の寄付方法をあきらめた

 2種類の寄付方法とネットの情報を元に検討してみました。

その結果

・国際的に有名なクレジットカード/ 個人情報漏洩のリスクがある
・PayPal(ペイパル)/ 利用用途がほとんどない

 

という理由から寄付はあきらめました。

 

 

その4/ ウィキペディアの寄付は簡単だった

 昔に1度、ウィキペディアに1000円寄付したことがあります。このときは簡単にできました。

 日本のクレジットカードで、寄付ができました。寄付の仕組みについてはウィキペディアの方が柔軟なようです。

 

(ウィキペディアのように簡単に寄付できれば、Thunderbirdに寄付したのに・・)

 

 

Thunderbirdの寄付で勉強になったこと

単語帳と勉強

 Thunderbirdは、おもに米国を中心としていること。そして、日本からは2種類の寄付方法があることを知りました。

 2種類の寄付方法をいろいろ検討してみたのですが、どちらも面倒くさかったり、信頼性という部分で疑問を感じました。

 

 日本にいてThunderbirdに寄付してみたいと思う人は、ムリしてまで寄付する必要はないと感じました。

 

 

まとめ

 Thunderbirdに感謝の意を込めて、寄付しようと考えました。ただ、簡単に寄付できないことを痛感しました。そして、あきらめました。

 この記事がThunderbirdで寄付をしてみたいと思っている人の参考になればと思います。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい

 

タイトルとURLをコピーしました