【ジオグラフィカ】記録したトラックログをパソコンで修正する裏技

マップ スマホアプリQA

 ジオグラフィカでトラックを記録したけど、スタートを間違えた。または、終了を間違えた。

なんてことはよくあります。そして、記録したトラックを修正したい。

そこで今回は、記録したトラックをパソコンで修正する方法について説明します。

 

 

この記事の前提条件

地球儀

 この記事は以下を前提とします。

・ジオグラフィカを知っている人
・トラックログ機能を使った経験がある人
・スマホにジオグラフィカのアプリがインストールしてある人

 

 要は、ジオグラフィカのトラックログ機能を知っている人を前提とします。

 

 -PR-

 

ハイキングでのトラックログのスタートと終了はよく間違える

ハイキング

 ハイキング中は、やることがいろいろと多い。そのため、ジオグラフィカでトラックを記録できても、スタートを間違えたり終了を間違えたりします。

 僕がよくやるのが、ハイキングの終了地点に来たけど、ジオグラフィカのトラックログの終了を忘れてしまう。

 

 スポンサーリンク

 

そして、しばらく経ってからジオグラフィカのトラックログの終了するのを忘れているのに気づきトラックログを終了する。

そうすると、いらないトラックログが記録されてしまうなんてことが、よくあります。

 いらないトラックログまで記録されてしまうので、いつも困ります。トラックログのスタートの失敗や終了の失敗はよくします。

そして、いつもいらないトラックログが記録されてしまい困っていました。

 

■記録に失敗したトラックログの一例

トラックログ失敗

 

トラックログを修正する方法はないか考える

キーボード

 僕の場合、ジオグラフィカで記録したトラックをKMLファイルでパソコンに落とし、それをgoogleマップに取り込んだりします。

 

[関連記事]
【ジオグラフィカ】トラックしたルート情報をgoogleマップに落し込む方法

 

 なので、KMLファイルや簡単なgoogleマップなどの知識はあります。それに元SEだったので、基礎的なコンピュータ知識はあります。

 

ビジネスマン

 

 実際にKMLファイルの中身をテキストエディターで開いてみたことがありました。そうしたら、数字の羅列でした。

 

kmlファイル1

 

 これにより、KMLファイルは地図上の座標を記録しているファイルと判断しました。

それならば・・

「KMLファイルのいらない座標を削れば自分の思い通りのトラックログになるんじゃない?」とひらめきました。

なので、KMLファイルをパソコンに落とし込み、KMLファイルの座標軸データを修正してみました。

 

読みが当たりトラックログの修正ができた

グッド少年

 僕の予想は当たりました。KMLファイルは地図上の座標軸を記録しているファイルでした。

 座標軸データで、不要と思われるデータ部分を削除して、確認したら見事、KMLファイルの修正ができました。

 また、トラックログの修正もできました。

 

■トラックログ(KMLファイル)修正の一例

(修正前)
手順4-1

(修正後)
手順4-3

 

この例ではスタートがOKで、終了がNGの例です

 

 このことにより、トラックログをパソコンで修正できることを知りました。

 

簡単なトラックログ修正の結論

スイスの駅

 トラックログはパソコンで修正できます。正確には、KMLファイルを修正することにより、トラックログを修正することができます。これが結論です。

 

 

KMLファイル転送の注意事項

スマホいじり

 今回、スマホからPCへのKMLファイル転送は、LINEでおこないます。よって、PC側にもLINEアプリがインストールしてあることをを前提とします。あしからず。

[関連記事]
・PC版lineのやさしいインストール手順と初回ログイン設定(画像付き)

 

トラックログの修正方法

デジタルアイコン

 それでは、トラックログの修正方法について順に説明します。

 

① KMLファイルをエクスポートする

 スマホにあるジオグラフィカのKMLファイルをlineにエクスポートします。

スマホ→PCのファイル転送形式はいろいろありますが、今回はlineでファイル転送します。

 

[関連記事]
・iphoneからpcへメール以外で添付ファイルを転送する方法(line利用)

 

1-1 ジオグラフィカを開き、「メニュー」を選択する

手順1-1

 

1-2 「ファイル」を選択する

手順1-2

 

1-3 「トラック」を選択する

手順1-3

 

1-4 目的のトラックをチェックして、チェックボタンを押す

手順1-4

 

1-5 「KMLエクスポート」を選択する

手順1-5

 

1-6 「line」を選択する

手順1-6

 

1-7 lineの中から「keepメモ」を選択する

手順1-7

 

1-8 右端の「転送」を押す

手順1-8

 

1-9 keepメモにKMLファイルがエクスポートされる

手順1-9

 

これで、KMLファイルのエクスポートは終了です

 

② パソコンにKMLファイルを取り込む

 LINEからパソコンへKMLファイルを取り込みます。

 

2-1 パソコンのLINEを開き、keepメモを開く

手順2-1a

手順2-1b

 

2-2 KMLファイルの上にカーソルを置き右ドラックして「名前を付けて保存」を選択する

手順2-2

 

2-3 ダウンロードフォルダーにKMLファイルが保存される

手順2-3

 

 

これで、KMLファイルのパソコンへの取り込みはOKです

 

③ パソコンでKMLファイルの修正をする

 KMLファイルをテキストエディターで開き、不要と思われる座標軸データを削る。

 

【ポイント1】

 

 普通にKMLファイルをテキストエディターで開くとこのようになります。

 

手順3-1

 

 

 なので、テキストエディタの「折り返し文字数」を64に設定し直しましょう。

 

手順3-2

 

「折り返し文字数」を64にすると、座標軸データがスッキリ表示されます。

 

どうやら、いち座標軸データは32文字のよう。でも、64文字くらいの表示がベターかと思います

 

 

【ポイント2】

 

 マスターデータは触らず取っておきましょう。変更データを作成し、変更データを修正しましょう。

 

手順3-3

 

 

④ 修正したKMLファイルをgoogleマップに取り込む

 修正したKMLファイルをgoogleマップに取り込み、トラックログ(KMLファイル)の確認をする。

 

[関連記事]
・【ジオグラフィカ】トラックしたルート情報をgoogleマップに落し込む方法

 

何度も、KMLファイルを修正し、微調整して加工しましょう

 

■修正中のイメージ図

手順4-1

手順4-2

手順4-3

 

 

⑤ KMLファイルの修正完了

 googleマップに取り込んだ、トラックログ(KMLファイル)がイメージ通りになったら修正は完了です。

 

手順4-1

 

手順4-3

 

⑥ KMLファイルのインポート

 パソコンで修正したKMLファイルをスマホに転送し、ジオグラフィカにインポートする。

※今回は、割愛します。別の機会に説明します。

 

これでトラックログの修正は完了です。お疲れさまでした

 

トラックログ(KMLファイル)修正の感想

感想

 多少手間はかかりますが、ご紹介したトラックログの修正方法がベターかと思います。個人的には、このやり方で満足しています。

 

まとめ

 ジオグラフィカでトラックログを記録するとき、スタートを間違えたり、終了を間違えたりします。

 そのため、自分がイメージするトラックログができずに不満を感じていました。

そこで、KMLファイルを利用してトラックログを修正するアイデアを思いつきました。

 

 試行錯誤しながらやってみて、なんとかトラックログの修正ができました。それなりのトラックログの修正方法です。

 この記事が僕と同じように、ジオグラフィカのトラックログの修正に悩んでいる人の参考になればと思います。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい

 

動作が軽い! セキュリティソフトのご紹介

動作が軽く、セキュリティが強力で使いやすい、

筆者おすすめのセキュリティソフトをご紹介します。

 

なんといっても動作が軽い!

パソコン

裏で動いているセキュリティソフトの動作が遅いとイラっときませんか?

そんな不満を解消してくれるセキュリティソフトがこちら!

 

スポンサーリンク

canon(キャノン)から販売しているESETというセキュリティソフトです。
ESETの特徴として・・

・動作が軽快
・ウイルス検出率が高い
・顧客満足度が高い

 

実際に僕もESETを利用していますが、裏で動いているのがわからないくらい動作が軽いです。

しかも、ウイルス検出率が高く安全で信頼性が高いセキュリティソフトです。

 

 

ウイルスを強力にガードし、軽快なパソコンライフを過ごしたいならセキュリティソフト(ESET)は必須だね!

 

 
ESETを購入して、快適なパソコン環境でパソコンを楽しみましょう。

 

スマホアプリQA
スポンサーリンク
digital01をフォローする



凡人のデジタル雑記
タイトルとURLをコピーしました